転勤がイヤ!というわけでもないけれど

悩みドットジェイピーTOP悩みのつぶやき転勤がイヤ!というわけでもないけれど

「あああ、やっぱり転勤だ?っ」

家族全員でタメ息をついた、あの日。
なんとなくわかってはいたものの、いざ転勤となると本当に残念で。

この土地に越してきてから、やっと人に慣れ、土地に慣れ、
何も意識せず自由に動けるようになってきた矢先にこれか。

「仕方がないな、転勤族の運命だもんね」
そう思ってみようとしても、どうしても割り切れない。

転勤がイヤ!というわけでもないけれど

道で会ったら、挨拶してくれるようになったママさん。

仏頂面で感じが悪いと思っていたのに、
いつの間にか仲良しになっていたクリーニング屋のおばさん。

子供を可愛がってくれて、会うたびに元気をくれた、
コンビニのパワフルな女性店員さん。

美容院なのに、心まで癒してくれた担当の美容師さん。

みんなみんな、さようなら。
大好きだったのに。

お友達となら離れてもメールで話ができるけど、
こういった人たちとはそうもいかない。

「今度、引っ越します」
「短い間だったけど、ありがとうございました」
「お元気で」

お世話になったスーパーや、
景色たちにもいっぱい挨拶をして越してきた。

転勤のすべてがイヤ!というわけじゃない。
だって転勤があったからこそ、あの土地に住めたんだもの。

でも誰に命令されるでもなく、
住みたいと思う場所に家族全員で落ち着きたい。

そうだ、せっかく転勤族なんだから、
いろんな土地や寮のいいところをチェックして、
家を買う時には最高の状況に住めるようにしておこう。

そう考えると、今までよりもうちょっと転勤も楽しいめる・・・、
ような気がしてきた。

write by 花

悩みのつぶやき | 2009/06/15


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識