梅雨のカビ対策はどうしていますか?

悩みドットジェイピーTOP主婦のイロハ梅雨のカビ対策はどうしていますか?

質問 「梅雨のカビ対策はどうしていますか?」

主婦のイロハ

湿気が多いところにはカビが生えやすくなります。特に梅雨は湿度も気温も高く、お風呂場だけでなく部屋の中でもカビが生えやすい時期です。梅雨カビ対策、主婦のイロハ・メンバーはどうしているのかな?


ミント


みさき


めめ

子どもも大きくなり、3人の中でもお姉さん的存在。タンスの裏がカビてしまった経験有り。湿気の多い部屋では除湿機を使っている。

3人の子ども達相手に、行事や役員など忙しい毎日。和室の白木がカビてしまった経験有り。毎回こまめな掃除が必要と反省中。

元気いっぱい、いろんなことを計画するのが好き。寒い季節でも雨の日でも窓を開けて換気してカビ菌を外に出すようにしている。

「梅雨のカビ対策はどうしていますか?」

みさき:
お風呂場で窓のゴムパッキンの部分にカビが生えて、こないだ一気に掃除したんです。ためちゃいけませんね、こまめに掃除しないといけないなって、掃除しているときには思うんですけど、つい(苦笑)。

ミント:
カビっていやよね。特に梅雨の時期は湿気が多くて、家の中にカビが生えたことってない?以前住んでいた団地は北側の部屋の換気が悪くて、カビがたくさん生えて困っていたの。特にタンスの裏がひどかったわ。

めめ:
社宅の1階に住んでいたママ友が「北側の部屋に置いたものにカビが発生して困る」って言ってたのをすごく覚えているんだ。洋服ダンスの中身までカビが生えてしまったって。

みさき:
ひょえ?!タンスの中までカビが発生するなんて、それは大変ですね。

めめ:
友達がかなりショックを受けてたのを今でも忘れられないよ。そういえば、実家も北側の部屋のカーペットにカビが発生したことあったんだ。北側は陽が当たりにくいっていうのもカビの原因なんだろうね。

みさき:
結露もカビの原因のひとつだと思うんですけど、前の家で和室の白木がカビが生えてしまったんです。窓は拭いて結露を取っていたんですけど、取りきれていなかったんですね、きっと。

ミント:
そうよね、うちでも部屋の天井の隅っこから、水が垂れるほど湿気があったのよ。きっとそのせいでタンスの裏もカビが生えてしまったんでしょうね。壁まで湿気がすごくて大変だったわ。普段なかなかチェックできないタンスの裏側は盲点よね。

みさき:
カビが生えてしまった時はどうしていますか?今回のゴムパッキンはカビキラーを使ってきれいにしたんです。以前の家の白木は、もうどうしていいかわからなくて。賃貸だったんですけど、そのまま出てきちゃったんです。

ミント:
そうね?白木はどうするのかしらね。私は、取りあえず乾いたカビには、歯ブラシで払い落としたり、お風呂場は私もカビキラーを使って取り除いたりしているわ。

めめ:
乾いたカビって歯ブラシで落ちるんだ。今度やってみようっと!

ミント:
梅雨の時期のカビ対策には、やっぱりお部屋の換気をする事が一番だと思うの。我が家では湿気の多い部屋には、除湿機で除湿するようにしているのよ。

めめ:
うん、私もカビ対策には換気が一番大事だと思う!うちでは朝起きたら、寒い季節でも必ず窓を開けて換気するようにしているんだ。部屋の空気は外の空気より汚れているというから、たとえ雨降りの日でも換気はして、カビ菌を外に出したいと思ってね。

みさき:
めめさん、雨でも寒いときでも窓を開けているんですね。私は冬も空気の入れ替えをしないとな?って思いつつも、寒さに負けてしまって。掃除のときのちょこっと開けるくらいです。雨の日は外の湿気が入ってこないようにすることも大事ですね。

ミント:
窓を開ける換気の方法が手っ取り早いけど、空気の流れを作るってことも大事だと思うの。タンスの裏にも空気が入るように、タンスを壁から離して置くようにしたら、カビに悩まされることもなくなったわ。

みさき:
空気が流れるようになったんですね。梅雨カビ対策には、空気が流れるように換気をすることが大切なんですね。気をつけようっと!

「梅雨のカビ対策はどうしていますか?」のポイント

家の中では北側の部屋がカビが生えやすい。

カビが生えるのは、陽が当たりにくい、換気が悪い、結露が溜まりやすいなど、湿気がこもるのが原因。

梅雨のカビ対策には部屋の換気をする事が大事。

タンスの裏を少し開けておくなど、空気の流れを作ることも大事。

主婦のイロハ | 2009/06/01


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識