第17回:Rittyさんのインタビュー

悩みドットジェイピーTOPハッピー発見インタビュー第17回:Rittyさんのインタビュー

第17回:Rittyさんのインタビュー

ハッピー発見インタビュー

第17回のインタビューは、Rittyさんです。沢山の人と出会い、自分とは違う考え方を知り、それを受け止める。そうすることで自分を窮屈にしていた「思いこみの壁」が減ったとのこと。そんなRittyさんに、ハッピー発見をうかがいました。

Rittyさん

第17回インタビュー

Rittyさん

運営サイト:
ちいつもblog

―まず自己紹介をお願いします

Ritty(リティ)です。和歌山で空と海と山に囲まれた生活をしています。ご機嫌なときはカメラ片手に1人でお散歩したり、友達とおしゃべりしたり。

あれもこれもやってみたい!という性格なので毎日バタバタしていますが、本当は寝ることが大好きです^^


―貴方のハッピーを教えてください♪

いろんな人に出会うこと。

自分と似た人も好きですが、違う考えの人や目的は同じでも違うやり方をとる人などに出会うのが楽しいです。


―どうやってハッピーを発見しましたか?

学生生活、ブログ、仕事やボランティア活動などです。

そこで出会った人からまた別の人を紹介してもらう形で、たくさんの人と知り合うことができました。


―ハッピーを発見して得たこと、よかったことは?

自分と考え方ややり方の違う人とじっくり話すことで、視野や世界が広がりました。「こうでなきゃ」「こうに違いない」という自分を窮屈にしていた思い込みが減りました。悩みや落ち込みが少なくなり、今までつまらなかった普通の事が以前より楽しくなりました。

笑うことが増え、落ち込みや怒ることが減ってよかったです。


―ハッピーを見つけてから、意識や生活で変わったことはありますか?

私はまず意識や生活を変えて、それからハッピーを見つけました。ハッピーを見つけられたことで「変わることは怖いことじゃない。楽しいことだ。」と思うようになりました。だからもっとハッピーに♪という気持ちが湧いてきて、さらに意識や生活を変えるようになりました。

具体的には、今まで着なかったデザインのお洋服を着るようになり、聞かなかった音楽が好きになり飲めなかったお酒が美味しくなったりしました。楽しみが増えました♪


―ハッピーを発見した後、周りの人から「変わったね」など反応はありますか?

家族からは「変わったね」と言われます。
積極的に前に出るようになったね、と言われました。


―ハッピーを発見してから、『夢中になり過ぎた』など失敗談はありますか?また、そのときの対応策を教えてください

○失敗談

家族との時間を後回しにしてしまうこと、ですね。

⇒対応策

家族以外の人に必要以上に気を使って断れなかったところがあったので、まずは家族の予定を優先するというルールを立てて、それを人にも公言するようにしました。

それでも外出先で自宅への連絡を忘れておしゃべりしたりすることがいっぱいあります(笑。


―今後はハッピーをどのように生かしていきたいですか?

出会ったたくさんの人たちに教えてもらったことやしてもらったことを、別のだれかに伝えたいです。
人に教えたり何かしてあげられるかは、実は私が決めることじゃないので、実際に何をするというわけではないんですが。

ただ自分はいろんな人に育てられているなと思うので、他の誰かがハッピーになるお手伝いをして、間接的にみんなに恩返しできたらいいなと思います。


―ハッピーを発見したい読者へメッセージをお願いします!

今の自分には気づかないところにハッピーがあるかも!
掘り出し物を見つける気持ちで嫌なことも図太く受け止めていきたいですね。

1分1秒でも笑える時間が増えたらハッピー。
小さなハッピーを積もらせていくともっと大きなハッピーが待っていると思います♪

<悩みドットジェイピー編集部より>

大人になると、居心地の良い人とばかり接してしまいがち。でも考え方の違う人も受け入れることで、新たな自分に出会える楽しさがあるんですね。環境の変化が多いこの季節。「はじめまして」をもっと大切にしようと思いました。

Rittyさん、ありがとうございました!

ハッピー発見インタビュー | 2010/04/19


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識