第9回:kanamiさんのインタビュー

悩みドットジェイピーTOPハッピー発見インタビュー第9回:kanamiさんのインタビュー

第9回:kanamiさんのインタビュー

ハッピー発見インタビュー

第9回のインタビューは、kanamiさんです。「私にはできない」そう思っていたことが、ある朝突然できたそうです。それ以来、あきらめていた様々なことに挑戦するように。そんなkanamiさんに、ハッピー発見をうかがいました。

kanamiさん

第9回インタビュー

kanamiさん

運営サイト:
節約どれだけできるかな?メモ

―まず自己紹介をお願いします

こんにちは、kanamiです。

10年ほど前、にゃんというHNでサイト運営をしていましたが、出産や子育てで一時中断しておりました。5年ほど前、次男の出産を機にサイト運営を再開し、現在に至っています。

熱中しやすい性格で、自分が大好きなことはとことん追求するタイプ。好奇心旺盛です。

子育て中心の生活でバタバタと過ごしていますが、「心地よい」という感覚を大切にして、毎日を過ごしたいと思っています。


―貴方のハッピーを教えてください♪

料理、サイト運営、音楽、本や人との出会い・・・・。私の周りにはハッピーになれることが、たくさんあります。
そんな中で、最近「苦手だったけど、やってみてハッピーになれた!」と思えることは「早起き」です。家族が起きる1時間半前から2時間前に起床する日が増えました。^^


―どうやってハッピーを発見しましたか?

私は、朝が大の苦手でした。
長男が小学校に入学した時も、子どもの早起きより自分の早起きが心配なくらい(笑)。それに加えて寝起きも悪い! 寝起きの私にはさわらない、が家族内の暗黙のルールになっていると最近知りました(苦笑)。

ある時、目覚ましが鳴る前に、すっきりと目が覚めたことがありました。
いつもだったら「二度寝しちゃえ!」が、その時は「このまま起きてコーヒーでも淹れようかな。」という気持ちに。
好きな音楽を聴きながらコーヒーを淹れてみたら、なかなかいい感じ♪
それ以来、できるだけ早起きをして、一人時間を楽しむようにしています。^^


―ハッピーを発見して得たこと、よかったことは?

自分のための時間を確保できるようになったことです。

日中は、どうしても育児や家事中心になり、なかなか自分の時間を作ることができません。無理に作ろうとすると、私の場合、気持ちばかり焦ってマイナス思考に陥りがち。

早朝であれば、誰に気兼ねすることなく自分の時間を満喫することができます。自分のためにコーヒーを淹れて、好きな音楽を聴きながら作業をするのは、とても幸せな時間です。それに、朝の忙しい時間も気持ちに余裕ができるので、にこやかに夫や子どもたちを送り出せる日が増えました。
寝起きが悪いと、早起きしない日はぴりぴりしたムードになってしまうので・・・(苦笑)。


―ハッピーを見つけてから、意識や生活で変わったことはありますか?

気持ちにゆとりが出てきた
自分がハッピー!と思う時間を少しでも作ると、少しずつ気持ちにゆとりができ、笑顔が増えました。

「できない」という思い込みで、諦めないようになった
出来ないと思っていた早起きが出来るようになったのは、私にとって大きな出来事でした。このことをきっかけに、出来ないと決め付けずにとりあえずやってみよう!と思えるようになりました。
もちろん、失敗することもありますが、「やってみなければ経験できなかったんだから。」と自分に言い聞かせます(笑)。
最近、早起きの他に絶対続かないと思い込んでいた「ウォーキング」を始めました。週2回のペースですが、今も続けることができているんですよ。^^


―ハッピーを発見した後、周りの人から「変わったね」など反応はありますか?

家族から「前向きになったね。」と言われるようになりました。ネガティブ思考気味だったんですけど、ずいぶんポジティブ思考に変わってきたかも。気持ちの切り替えが、以前に比べたらずいぶんうまくできるようになったなと思います。^^


―ハッピーを発見してから、『夢中になり過ぎた』など失敗談はありますか?また、そのときの対応策を教えてください

○失敗談

大好きな音楽を聞いてるとついつい口ずさんでしまうんですが、気が付いたら思っていたより大きい声になっていて、その声で家族が目を覚ましたことがありました。

⇒対応策

歌は、心の中で歌うようにしました(笑)。


○失敗談

作業に没頭しすぎて「お母さん、朝ごはん!」と子どもから声をかけられたことがあります。

⇒対応策

「朝食の支度時間」に携帯のアラームをセットするようになりました。時計を気にかけて・・と思いつつも、すぐ忘れてしまうので^^;
その他には、体調が悪い時に無理しないことを心がけています。


―今後はハッピーをどのように生かしていきたいですか?

「自分はこうありたい」という目標に、一歩ずつ近づけるように。
その原動力にしたいなと思います。

21歳の時、ストレスが原因で身体を壊してしまい、仕事を辞めることになりました。
小さい頃からの夢をあきらめなければならないのは、苦渋の決断でした。それ以来、自分に対して自信が全く持てずに、思い悩む時期を過ごしました。「何かやってみたいけど、でもなあ・・。」の繰り返しだったんです。

でも、ブログを通して知り合った方々や、周囲の人からハッピーのおすそ分けをいただいたからこそ、少し時間はかかりましたが、自分のハッピーを見つけてみようという気持ちになれたんです。

今度は私もハッピーのアンテナ(ハッピーを感じる心)を広げて、いろんなハッピーを、周囲の人やブログを見てくださる人々と共有できたらいいなと思っています。


―ハッピーを発見したい読者へメッセージをお願いします!

「これ、楽しそう!」「これやってみたい!」と思った時が、ハッピー発見の良いタイミングだと思います。

忙しくて気持ちの余裕がない時、落ち込んでいる時はハッピーを見つけようという気持ちには、なかなかなれませんよね。(私はしょっちゅうそんな感じですから・・)

だけど、ふとした瞬間に「これ、楽しそう!」という気持ちがムクムクと沸いてきたら、ハッピー発見のチャンス!その気持ちを大切にして、一歩踏み出してみてくださいね♪
きっと新たなハッピーを見つけることが出来ると思いますよ。^^


<悩みドットジェイピー編集部より>

まず、やってみることが大切ですね。結果は良いかもしれないし、もしかしたらダメかもしれない。でも一歩踏み出した勇気、途中経過、そしてゴールまでの間には、必ずハッピーが待っているはず。kanamiさんの言葉から、そう思える力をいただきました。

kanamiさん、ありがとうございました!

ハッピー発見インタビュー | 2009/09/07


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識