第5回:ayanさんのインタビュー

悩みドットジェイピーTOPハッピー発見インタビュー第5回:ayanさんのインタビュー

第5回:ayanさんのインタビュー

ハッピー発見インタビュー

第5回のインタビューはayanさんです。庭付き一戸建てを購入したことで、自然とのふれあいを身近に感じる毎日。そんなayanさんに、ハッピー発見をうかがいました。

ayanさん

第5回インタビュー

ayanさん

運営サイト:
わらしべ暮らしのブログ

―まず自己紹介をお願いします

こんにちは、ayanです。愛知県内で、夫と2人の娘と4人暮らしをしています。
主婦業と母親業の傍ら、自宅のパソコンでウェブサイトやブログを作ったり、文章を書いたりと、フリーランス(個人事業主)として仕事もしています。
たいがいのことに対しては大雑把な性格ですが、興味のあることにのめり込むタイプ。好奇心が私の行動の原動力になっている気がします。

小さなこどもがいて、毎日バタバタと過ごしていますが、"暮らしを楽しむ"ことを忘れずに、ささやかなことの中にも喜びや、やりがい、満足を感じられるような感性を持っていたいと思っています。

―貴方のハッピーを教えてください♪

昨年(2008年)秋に中古の庭付き一戸建てを購入したのですが、それまでの賃貸アパート暮らしにはなかった"庭を楽しむ"というハッピーが私の生活に加わりました。

具体的には、家庭菜園とちょっとした花壇で花を育てること。
朝起きて窓を開けたときにはまだ蕾んでいた花が、太陽が昇り始めるのと同時にぱーっと開いていく様子を間近で眺めることができるのは、とても贅沢なことのように思えます。

家庭菜園で育てたベビーリーフをちょちょっとつまんで新鮮なサラダを作ったり・・・なんて楽しみも、家庭菜園ならでは。それに、毎日少しづつ成長していく植物を見ることで、なんだかパワーをもらえる気がするんですよ。Happy in garden!

―どうやってハッピーを発見しましたか?

庭付きの一戸建てに引っ越したことがきっかけでした。しかし、最初からきれいな"お庭"だったわけじゃないんですよ。前の持ち主の方が庭の手入れをされない方だったようで、転居した当時は雑草が生い茂り、その下には枯れた芝の根が網の目のように張り巡らされていて、現在の状態にするまでにかなりの時間と労力がかかりました。切り落とした枝葉や抜いた雑草は、45Lのゴミ袋で十数袋もあったほど。(笑)

でも、そんなたいへんな過程があったからこそ、"わが家の庭"に対する愛着が芽生えたのかもしれません。

―ハッピーを発見して得たこと、よかったことは?

家で過ごす時間がより楽しく、心豊かなものになりました。庭を通じて自然や植物に触れ合える環境は、子育ての面でもプラスになっている気がします。(子どもたちに、植えた野菜の種が芽を出したり、苺が花を咲かせ実をつける様子を実体験として見せてあげられることは、とても意味のあることだと思うんです。)

そうそう、夫が剪定や草取り、庭づくりの作業を率先して頑張ってくれたことで、(私の中で)夫の株がかなり上がりました。共同作業のおかげで、夫婦の連帯感も強まったかも。

―ハッピーを見つけてから、意識や生活で変わったことはありますか?

小さなもの、ささやかなことにも目を向ける余裕が(少し)生まれたかな?と自分では思っています。例えば先日、庭の片隅に、知らない間にスミレの花が咲いているのを見つけたんです。自分で植え育てた花ではなく自生していたのですが、その薄紫の花を見つけたとき、小さな感動を覚えました。花そのものの可憐さももちろんですが、そういうものに目を向けられる余裕が自分の中に生まれていることに気づいて。

あとは、土をいじり、植物に触れ、太陽の光や風を感じる時間が増えたことで、なんとなくですが、気持ちが穏やかになり情緒が安定したような気がします。

―ハッピーを発見した後、周りの人から「変わったね」など反応はありますか?

現在の家のご近所さんは、引越し後のわが家しか知らないため、「夫婦揃って家庭菜園を楽しんでいる仲の良いご家庭」とか「マメな人」だと思ってくれているようです(笑
もともとそうだったわけじゃなくて、環境の変化がきっかけなんですけどね。

―ハッピーを発見してから、『夢中になり過ぎた』など失敗談はありますか?また、そのときの対応策を教えてください

(失敗談)

「あ、こんなとこに雑草が生えてるから抜いとこ」とほんの少しのつもりで庭仕事や土いじりを始めたのに、気づくと小一時間、作業に没頭してしまっていることがあります。
悪いことではないのですが、そういうつもりでなかったのについつい・・・というときは、たいてい手袋をはめずに作業しているので爪の中が真っ黒で指先もガサガサ、おまけに日焼け止めの塗っていなかった、なんてことも。
シミ・そばかすができやすい肌質なのでこれはマズいです。

⇒対応策:

「ほんのちょっと」のつもりでも、夢中になりやすい自分の傾向を踏まえて、まずきちんと日焼け止めを塗って紫外線対策をして、手袋をはめて作業すること! これを徹底していきたいです。油断大敵ですね。

簡単にできる爪のお手入れも参考に、指先のお手入れもしていきたいな、と思っています。

―今後はハッピーをどのように生かしていきたいですか?

実は、いま庭の一部に夫がDIYでウッドデッキを作っているところなんです。
もちろんズブの素人なのですが、図書館で本を借りてきて読み込み、見よう見まねで設計図を自分で描いて、材木を注文して頑張っています。

ウッドデッキが完成したら、わが家の"庭の楽しみ"がより広がるだろうとわくわくしています。近所のお友達を招いて庭でバーベキューをしたり、夏休みには子どもの友達も呼んでウッドデッキにビニールプールを出して水遊びをしたり・・・。
そんなふうに庭から生まれるハッピーを周りの人たちとも共有していきたいなと思っています。

―ハッピーを発見したい読者へメッセージをお願いします!

私も心がけていることなのですが、「仏頂面をしない(→できるだけ笑顔で過ごす)」「否定的な言葉を使わない(→プラスの言葉を使う)」ことを実践すると、ハッピーが集まってきます。
「そんなこと・・・」と思うかもしれないけれど、これは本当。「言霊」という言葉があるように、言葉は良くも悪くも人間に大きな影響を与えます。
普段からつい否定的な言葉を使ってしまう人は、意識して肯定的な言葉を使うようにすると、ハッピーが発見しやすくなると思います♪


<悩みドットジェイピー編集部より>

植物や土を触りたくて仕方がない時期なので、ayanさんのご回答をとっても楽しく読ませていただきました。ayanさんのインタビューがさらに多くの人をハッピーにしてくれることと思います^^

ayanさん、ありがとうございました!

ハッピー発見インタビュー | 2009/05/18


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識