第26回:aiko*さんのインタビュー

悩みドットジェイピーTOPハッピー発見インタビュー第26回:aiko*さんのインタビュー

第26回:aiko*さんのインタビュー

ハッピー発見インタビュー

第26回のインタビューは、aiko*さんです。ハッピーはいろいろあるけれど、ハッピーを感じる根っこの部分には1つのテーマがあるそうです。そんなaiko*さんに、ハッピー発見をうかがいました。

aiko*さん

第26回インタビュー

aiko*さん

運営サイト:
お取り寄せ生活研究家aiko*のお取り寄せ日記

―まず自己紹介をお願いします

aiko*です。74年兵庫県芦屋市で生まれ02年の春に結婚して横浜に住んでいます。

お取り寄せ生活研究家としてお取り寄せ生活の楽しみを広げたいなと思ってお仕事などを少しさせていただいています。家族は、カメ6匹と主人です。


―貴方のハッピーを教えてください♪

いろいろハッピーだなと思うことはたくさんあるんですが、何気ない毎日の中で「今日も一日無事に終わったなあ」と思う瞬間が幸せだなあと思います。

一瞬一瞬を大事に、ていねいに暮らすことを日々心がけて、家族がみんな笑顔で一日を終われ、また次の日を迎えられることがハッピーで愛しくて大切でかけがえのないことです。ということで「家族」ですね。


―どうやってハッピーを発見しましたか?

阪神大震災、母の大病、友人が亡くなったり、悲しいことや、大変なことがある中で「明日は必ず来るとは限らない」「またね。のまたが本当に来るかはわからない」という当たり前だけれど普段忘れていることを身に染みて感じるようになりました。そのいくつかは今も私たち家族の周りにあるし、これからも何かあるかもしれません。

それでも、日々力を合わせ支えあい、美味しいものを食べて、笑いあえる日は大切だなと気づきました。


―ハッピーを発見して得たこと、よかったことは?

「毎日の大切さや愛おしさ」は、逆を言えば大変なことがあってのことなのでよかったことはわかりませんが、今を大事にしようと思うので、離れている実家とも毎日電話をして、近くに住んでいたら言えなかった感謝の言葉や大事に思ってることを伝えあえること。

悪いと思ったら先延ばしにせず謝ること。うちは二人暮らしなんですが、できるだけ一緒に同じものを見て同じものを食べて、同じ時間を生きようと思っています。


―ハッピーを見つけてから、意識や生活で変わったことはありますか?

いろんなものやいろんな人に感謝の気持ちをしっかり持つようにしています。今の私がいるのは、夫や両親のおかげ。

たとえば、今はお取り寄せ生活の楽しさを伝えることをお仕事としていますが、それも小さなころから毎日の何気ない食卓や母の手料理、周りの大人たちのおかげで得ることができた味覚や知識だと思っています。感謝の気持ちを忘れないようにしています。

あとは小さなことですが、母もそうしていたので私もそうしてるのですが、出かけるときは必ず、笑顔でちゃんと顔をみていい雰囲気で見送ったり見送られたりするように意識しています。

それから「最悪」「バイバイ」「さよなら」という言葉は私は震災以来使わなくなりましたね。友人と会って別れる時も必ず「じゃあね」か「またね」です。
ちょっと願掛けみたいなものが混じってるのかもしれませんね。


―ハッピーを発見した後、周りの人から「変わったね」など反応はありますか?

地元の友人や家族は同じように人生観や感じ方が変わってきたので特に何も言われませんが、この間、特にそういったキーワードで話してたわけではないのですが「あなたの生活の基本は、家族やていねいにくらすことなんですね」と言われました。


―ハッピーを発見してから、『夢中になり過ぎた』など失敗談はありますか?また、そのときの対応策を教えてください

○失敗談

新婚当初。一生懸命になりすぎて毎日すごい種類のお料理を作っていました。主人も私も結婚後二回りくらい太ってしまったり、(今年頑張って二人で戻しました)。

また、その頃は、家にいて毎日帰りをただ待って、二人だけの生活でした。今では笑い話ですが、会社の前まで突然迎えに行ったことも。喜んでもらえるかと思いましたが思いっきりひかれてしまいました。

⇒対応策

こういったお仕事をするようになってだんだん外に出るようになり、自分のやりたいことをする時間も増えました。それでも優先順位は、何をおいても家族なので、相談したり、時にはお断りしたり、いいバランスで今は進んで行っています。


―今後はハッピーをどのように生かしていきたいですか?

平和で穏やかな日が一日でも多く、一日でも長く続くようにこれからも努力していきたいです。もちろんお仕事も、どんどん幅を広げていきたいと思います。

一日一日大切に精いっぱい楽しんでいつか、その日が来たら「私はいい人生だったな」と思えるといいなと思います。


―ハッピーを発見したい読者へメッセージをお願いします!

毎日はものすごい速さで過ぎ去って行ってしまいます。いやだなと思うことも楽しみなことも、必ずその日が来て過ぎていきます。

なかなか幸せなことって、その中にいたら気づかないこともたくさんあると思います。
よくたとえられる言葉ですが「コップの中の水が半分もあるとおもうのか半分しかないと思うのか」で変わってくると思います。


<悩みドットジェイピー編集部より>

「出かける時は、お互い必ず良い雰囲気で」胸に染みる言葉です。元気でまた会おうね、という祈りにも似た優しい気持ち。
aiko*さん、ありがとうございました!

ハッピー発見インタビュー | 2010/12/27


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識