写真の保存と管理

デジカメの基礎知識

悩みドットジェイピーデジカメの基礎知識パソコンを使う写真の保存と管理

写真の保存と管理

写真をどうやって保存・管理すればいいか悩んでいませんか?
子どもが大活躍している写真、風景などがキレイに撮れた写真、
旅行の思い出などいつまでも残しておきたいですよね。

「大事な写真が消えてしまった」ということがないように、保存・管理の仕方をご紹介します。

メモリーカードに写真を保存したままでは駄目

デジカメで写真を撮ったらパソコンへコピーせずに、メモリーカードにそのまま保存していませんか?
それは危険です。
メモリーカードの故障、写真を1枚消そうとして全部消してしまった、メモリーカードを紛失、
デジカメごと紛失など、なんらかの理由で写真を失ってしまう可能性があります。
写真を撮ったあとは必ずパソコンへコピーするようにしましょう。

パソコンのハードディスクがCドライブとDドライブというように、
ドライブが2つある場合は、Dドライブの方に保存するようにしましょう。
何らかのトラブルでOSを再インストールしなくてはいけなくなった場合、
Cドライブに写真のデータが入っているとOSの再インストール時に消えてしまうためです。

必ず複数の方法でバックアップ

写真をパソコンへコピーしたからといって、安全だとは限りません。
ハードディスクが故障してしまう可能性があります。
そのため、パソコンへのコピーと、最低もう一つのバックアップを取ることをおすすめします。

外付けハードディスクへ保存
最も簡単な方法だと思います。パソコンへ写真をコピーしたあとに、
さらに外付けハードディスクへコピーします。

外付けハードディスクへは必要のないときは接続しないようにした方が安全です。
ファイルを削除するウィルスに感染した場合に写真が消えてしまう可能性があります。

DVD-RやCD-Rへ書き込んで保存
パソコンへコピーした写真がある程度たまったらDVD-RやCD-Rへ書き込んで保存します。
できれば2枚バックアップを作成して、別々のところへ保存しておくとさらに万全です。

なお、写真を保存するDVD-RやCD-Rは、激安(品質が悪い)なものなどではなく、
太陽誘電」というメーカーの製品がおすすめです。
日本製で信頼性が高いです。

太陽誘電のDVD-R

オンラインストレージへ保存
ネット上のファイル保存スペースを利用します。
外付けハードディスクやDVDドライブが無い場合でも、
ネットの回線があれば写真のバックアップを取ることができます。

なお、オンラインストレージ(※1)はSkyDriveがおすすめです。
ずっと保存したままで大丈夫(※2)で、容量は25GBと大きいです。
ファイルのアップロードもブラウザから簡単にできますし、1ファイルのサイズは最大50MBまでなので、
デジカメで撮った動画も50MB未満でしたらアップロードが可能です。

※1 オンラインストレージはサービスが終了してしまうこともありえますので、その危険も踏まえた上で導入を考えましょう。
※2 SkyDriveは違いますが、大きいファイルの転送用として数日間しか保存されないオンラインストレージサービスなどもあります。

写真屋さんでDVDやCDへ保存
写真屋さんへメモリーカードを持って行くと、
有料ですがDVDやCDへデータをコピーしてもらうことができます。
お店によってはそういうサービスをしていないところもあります。

写真屋さんでプリントする
デジタルのデータをバックアップするわけではありませんが、
プリントしてしまうことで写真そのものを残すことができます。

写真をプリントして残すなら、家庭用のプリンターでプリントするのはやめましょう。
写真屋さんなどでプリントした写真の方が高品質だからです。
なお、楽天写真館のように、ネットから写真のプリントを申し込みができるお店もあります。

いつどこで撮ったか分かりやすく管理しよう

デジカメで撮った写真をパソコンへそのままコピーしただけにしていませんか?
ちゃんと整理しないとあとで探すのが大変です。
「いつ」「どこで撮ったか」を分かりやすく管理しましょう。

たとえば、2010年の8月1日に海で写真を撮ったのなら、
「2010年8月1日 ○○の海」というようなフォルダ名でフォルダを作成し、
その中に写真を保存するようにしましょう。

あとで「夏に海に行ったときの写真をコピーしたい」というようなときに
写真をすぐに見つけることができます。

パソコンに保存した写真を見る

googleが提供しているPicasaというソフトで写真を見るのがおすすめです。
Picasaは写真の管理ソフトで、一つ上の項目で書いたようにフォルダ分けしていても
写真を一覧で見ることができます。
それに、明るさの調整・赤目処理・文字入れなどの加工ができる上に、
写真をスライドショーにした動画を作成することができます。

Picasa

パソコン上で写真を加工するときの注意

写真を加工するソフトなどで写真を加工した後、ファイルの保存先に注意してください。
ファイルを保存するときに間違えて元のファイルに上書きしてしまうと、
元の写真が無くなってしまうためです。
そのため、加工する写真は一度別の場所へコピー(移動ではなくてコピー)してから
加工をした方が安全です。

間違って写真を削除してしまったときはどうする?

写真を間違って削除してしまったあと、何もしていなければ写真が復活できる可能性があります。
窓の杜 - 削除・復元」こちらにある「復元」ソフトのどれかをインストールしておきましょう。
なぜすぐにインストールするのかというと、写真を削除してしまったあとでインストールすると、
写真が保存されていた箇所に復元用のソフトのデータが
上書きされてしまう可能性があるためです。(Cドライブに写真を保存していた場合)

復元用のソフトをインストールしたら、いざというときのために
一度試しに使ってみることをおすすめします。




今回はいろいろ詰め込んだので、いずれPicasaや復元ソフトについて
もう少し詳しく書きたいと思います。

バックアップのグッズ

スピンドルのDVD-Rを買う場合は、一緒にケースも購入したほうがいいです。
(プラスチックや不織布などのケース)

外付けハードディスクは1TBか1.5TBの製品が容量と価格のバランスがとれています。

2010年09月13日 パソコンを使う | コメント(0)

同じカテゴリの記事

コメント

感想や質問などお書きください。

コメントは編集部が公開するまで表示されません。
(公開まで数日かかる場合があります。)
コメントのルールはこちらをご覧ください。