絞り(F値)

デジカメの基礎知識

悩みドットジェイピーデジカメの基礎知識デジカメの基礎知識絞り(F値)

絞り(F値)

絞り(しぼり)とは、レンズから入ってくる光の量を調節するものです。
絞りは調節することができて、絞りを開くことで光がたくさん通ります。
絞りを絞ると光があまり通らなくなります。

絞り

F値

F値とは絞りをどれくらい絞っているかを数値化したものです。
カタログなどで「F2.8?F5.6」のような表記のされ方をしています。
F値が小さくなるのが「絞りを開く」、F値が大きくなるのが「絞りを絞る」といいます。

F値の単位として、「一段絞る」や「一段開く」という言い方をします。
F値の一段分はこちらの表のように変化します。

← 絞りを開く 絞りを絞る →
F1.0F1.4F2.0F2.8F4.0F5.6F8F11F16F22

なお、F値を一段絞るごとにレンズに入ってくる光量は半分になります。
逆にF値を一段開くごとにレンズに入ってくる光量は2倍になります。

もしF値がF1.4でシャッタースピードが1/1000だったときに絞りを三段絞ってF値をF4.0にした場合、1/1000(F1.4)→1/500(F2.0)→1/250(F2.8)→1/125(F4.0)というように、
シャッタースピードは1/125になります。

被写界深度

絞りを変化させることで光の量が変化する以外に、
被写界深度」というものが変化します。
被写界深度とは、ピントの合う範囲のことです。

「被写界深度が深い」というのはピントが合う範囲が広く、
F値が大きくなるほど被写界深度が深くなります。

「被写界深度が浅い」というのはピントが合う範囲が狭く、
F値が小さくなるほど被写界深度が浅くなります。
ピントが合う範囲が狭くなるため、被写体以外はぼけやすくなります。
(被写体の大きさや形状によっては、被写体全体にピントが合わない場合もあります。)

先ほどの表に被写界深度を加えるとこのようになります。

← 絞りを開く 絞りを絞る →
← 被写界深度が浅い 被写界深度が深い →
F1.0F1.4F2.0F2.8F4.0F5.6F8F11F16F22

被写界深度の違いによる写り方の違い

こちらは被写界深度の違いによる写り方の違いです。
一眼レフで撮影しています。

被写界深度が浅い被写界深度が深い
F5.6
シャッタースピード 1/640
F36
シャッタースピード 1/20

被写界深度が浅い被写界深度が深い
F5.6
シャッタースピード 1/400
F36
シャッタースピード 1/13

左側の写真は被写界深度が浅く、右側の写真は被写界深度が深いです。
被写体を強調したいときは被写界深度を浅くして背景をぼかし、
旅行など観光地で被写体と一緒に景色もキレイに撮りたいときは
被写界深度を深めにします。

まとめ

F値が小さければシャッタースピードが速いしぼけやすい、
F値が大きければシャッタースピードが遅くて全体的にピントが合う、
と覚えましょう。


ちなみに、物がよく見えないときに目を細めると少し見えるようになりますよね。
これは目でもカメラのように絞りを絞ってピントが合う範囲を広くしているためです。

2010年12月20日 デジカメの基礎知識 | コメント(0)

同じカテゴリの記事

コメント

感想や質問などお書きください。

コメントは編集部が公開するまで表示されません。
(公開まで数日かかる場合があります。)
コメントのルールはこちらをご覧ください。