お薬手帳の活用法

悩みドットジェイピーTOP悩みチャンネルお薬手帳の活用法

お薬手帳の活用法

悩みチャンネル

編集部のめぐです。
お薬手帳は持っているととても便利。あなたは使いこなしていますか?

薬局に行くと、お薬の名前や用法・容量などが書かれた手帳がもらえます。これをお薬手帳といいます。このお薬手帳、なかなか便利なのですが、残念な事に間違った使い方をしている方が意外と多いようです。

上手に使うと色々と役に立つ、そんなお薬手帳の活用法をご紹介します。

◎お薬手帳の活用法

どんな事を書けばいいの?

気になる事や、聞きたいことなどをメモ代わりに書いておきます。担当の医師や薬剤師に手帳を見せれば、安心してお薬を処方してもらえますね。

継続的に記録する

いつ頃から、どんな薬を飲んでいたのかを記録することで、以前服用していた薬も調べられて便利です。

旅先や災害時にも頼りになる

常に手帳を携帯しておくことで、自分が今飲んでいる薬を、正確に伝える事ができます。その結果、薬の飲み合わせの心配もなくなります。

体調の変化を書く

薬による副作用や相互作用などを早期発見する事ができます。また、症状に合わせた薬を処方してもらう事ができます。

参考:
・副作用とは・・・薬の作用の中で治療目的以外の作用
・相互作用とは・・・薬の飲み合わせなどで、作用が強く出たり、逆に効果が弱くなったりすること

お薬手帳は1冊にまとめる

たとえば、薬局別、病院別に分けて、数冊の手帳を持っている方もいらっしゃるようですが、この使い方はNGです!
実はこの手帳は、1冊あれば全国どこででも使えます。1冊の手帳に、複数の病院や薬局でもらった薬の名前を記入(シールの所も多いです)する事で、いざという時に困らないですよね。
いくつかの病院にかかられてる方には、特におすすめします。


このように、持っているととても便利なお薬手帳。
お持ちでない方は、かかりつけの薬局で一度聞いてみてはいかがでしょうか?

悩みチャンネル | 2009/08/31


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識