デジタル一眼レフカメラとコンデジの違い

悩みドットジェイピーTOP悩みチャンネルデジタル一眼レフカメラとコンデジの違い

デジタル一眼レフカメラとコンデジの違い

悩みチャンネル

学校の運動会や入学式、卒業式など、我が子のイベント写真は綺麗に撮りたいですよね。そのために重要なのはカメラ選び。しかし、どのようなカメラがいいのか悩みどころです。

デジタルカメラは大きく分けるとデジタル一眼レフカメラ(以下「一眼レフ」と略)と、コンパクトデジタルカメラ(以下「コンデジ」と略)の2種類があります。その違いを知った上で自分に合うカメラを見つけましょう。


写真:コンデジの例

写真:一眼レフの例

◎ファインダーと液晶モニターの違い

※一眼レフの「レフ」とは「レフレックス」略で、光を反射するという意味があります。

コンデジ
コンデジはレンズから入った光は撮像素子(CCDやCMOS)へ光が届き、それを液晶モニターでライブビューしています。
一眼レフのように内部にミラーなどの仕組みがいらないため、薄く作ることができます。液晶モニターは表示にタイムラグがあるため動きの速いものを撮るのには向いていません。

一眼レフ
一眼レフはレンズから入った光をミラーで反射させてファインダーへ被写体を表示させます。
ミラーで反射させているだけなので見ている被写体にタイムラグはなく、動きの速いものを取るのに向いています。写真を撮るときはシャッターを押すとミラーが上がり、撮像素子(CCDやCMOS)へ光が届きます。内部にミラーなどの仕組みがあるため、ある程度大きいサイズになってしまうのがネックです。最近は一眼レフでも液晶モニタによるライブビューに対応した製品が出ています。

なお、パナソニックやオリンパスなどからミラーの無い「デジタル一眼カメラ」という物も発売されています。(レフレックスが無いので「レフ」が名前につきません)カメラの内部にミラーが無いため、従来の一眼レフよりも小型化し、女性でも扱いやすいサイズです。

◎撮像素子(CCDやCMOS)のサイズと画素数の違い

撮像素子(CCDやCMOS)はレンズから入ってきた光を電気の信号に変換します。この撮像素子が大きければ大きいほど光を取り込みやすくなります。

コンデジでは1/1.8インチ、1/2.3インチ、1/2.5インチといったサイズの撮像素子が多く使われています。
一眼レフでは一般的にはAPS-Cサイズ、高級機でフルサイズの撮像素子が使われています。
「ファインダーと液晶モニターの違い」で書いたデジタル一眼カメラはマイクロフォーサーズの撮像素子が使われています。

こちらはそれぞれの撮像素子の大きさをイラストにしたものです。
※画面に表示されているサイズと実際の撮像素子のサイズは違います。大きさの差がどれくらいあるかというイメージ画像です。
撮像素子の大きさ

一目ですぐ分かりますが、コンデジ向けの撮像素子は非常に小さいです。

それぞれの面積は、1/2.5インチは24.7mm²、1/2.3インチは28.5mm²、1/1.8インチは38.2mm²、マイクロフォーサーズは224.9mm²、APS-Cサイズは419.1mm²、フルサイズは864mm²となっています。

たとえば1,000万画素のデジカメの場合、上記の面積で受けた光を1,000万画素で分けることになります。撮像素子のサイズが大きい方が1画素あたりの光の取り込める量が多くなりますので、撮像素子が大きければその分綺麗に(ノイズが少なく)なります。
画素数が多くなればその分1画素あたりの光の取り込める量は少なくなりますので、「画素数が多い=高画質」とはなりません。

◎レンズの違い

コンデジ
コンデジはレンズを交換することはできないので、ズームがどれくらいできるのかなどをきちんと考えてカメラを購入する必要があります。
ただし、レンズにフィルターを付けるネジ山がある場合は、サイズの合うコンバージョンレンズがあればそれを付けることができます。

・ワイドコンバージョンレンズ。広角(広い範囲を写す)で撮ることができます。
・テレコンバージョンレンズ。望遠(遠くの物を写す)で撮ることができます。

一眼レフ
一眼レフは非常にたくさんのレンズがあります。
広角に強いレンズ、望遠に強いレンズ、ズームはできないが明るい単焦点レンズなどいろいろとあり、焦点距離やF値(明るさ)も様々です。
価格もピンからキリまでで、安い物では1万円くらいからありますが、高いものだと100万、200万の世界です。
カメラメーカーが同じでマウント(レンズの接合部分の規格)が同じならレンズを使い回すことができます。逆に、ニコン用のレンズをキャノンのカメラで使うというような使い回しをすることはできません。

◎その他の違い

・コンデジはコンパクト、一眼レフは持ち運びがちょっと大変
・一眼レフは背景をぼかす写真が撮りやすい
・一眼レフはオートフォーカスが速い
・一眼レフは本体だけだと写真が撮れない。レンズも必要

◎結局、一眼レフとコンデジはどちらがいい?

オートフォーカスの速さ、タイムラグのなさ、撮像素子の大きさということを考えると、一眼レフをおすすめします。
一眼レフだからといって操作が難しいわけでもなく、普通のコンデジと同じような操作感覚で写真を撮ることができます。

じゃあコンデジが駄目なのか?というとそんなことはありません。
コンデジもかなり綺麗に撮れますし、なんといってもコンデジのコンパクトさはどこへでも持ち運べますので、写真を撮りたいと思ったらすぐに撮れるという利便性があります。

なお、一眼レフを購入する場合は、ダブルズームキット(広角と望遠のレンズのセット)がついた本体を購入するのがおすすめです。または、本体と18から200mmのような広角から望遠までカバーしているズームレンズとの組み合わせもとても便利です。

write by ぐりーん

以前ハッピー発見インタビューでインタビューさせていただいたきょん♪さんはじめての「ゆるかわ写真」レッスン ~"撮りたいもの"をイメージのままに撮り下ろすレシピ集 (美術のじかんシリーズ )を出版されています。
4774141461

一眼レフ向けの内容ですが、コンデジしか持っていない方でもとても勉強になります。
様々なシチュエーション、写真を撮るポイント、写真を撮った時のカメラの設定も載っているので、「こういうときはこう撮ればいいのか」ととても参考になります。

「デジタルカメラ」をAMAZONで探す
「デジタルカメラ」をYAHOO!ショッピングで探す
「デジタルカメラ」を楽天市場で探す

悩みチャンネル | 2010/04/21


関連記事

サイト内検索
主婦のイロハ

井戸端会議でこぼれ落ちるような、生活のヒントがいっぱい。


ハッピー発見
悩み解決レビュー
悩みのつぶやき
ハッピー発見
悩み対策ケア

女性の悩みをやわらげる情報を発信しています。


デジカメの基礎知識