結婚指輪のオーダーメイドをBRILLIANCE+で体験


失敗しない結婚指輪の選び方

悩みドットジェイピー失敗しない結婚指輪の選び方結婚指輪のオーダーメイドをBRILLIANCE+で体験

失敗しない結婚指輪の選び方

結婚指輪のオーダーメイドをBRILLIANCE+で体験

編集部の藍玉です。

結婚指輪のオーダーメイドをWEB上ですると、作業が難しいんじゃないの?
いえいえ、BRILLIANCE+のオーダーメイドは操作が簡単です。

既婚者の私ですが・・・
結婚を控えたカップルになったつもりでカスタマイズしてみました。

◎オーダーメイドの方法

オーダーメイドできる点は素材、リングの形状、リングの幅、ライン、模様、仕上げ(テクスチャー)、刻印など7つの工程です。

ひとつずつ選んでいく度に、カスタマイズされたデザインのリング画像が表示されます。二人の指輪を並べながら、男女別に好みのデザインを選べるということです。価格も同時に確認できて、予算内で選ぶことができます。

まずは『結婚指輪のオーダーメードを始める』のページから進みます。


(1)素材を選ぶ

素材を選ぶ


素材はPT900プラチナ、K18ホワイトゴールド、K18ピンクゴールド、K18イエローゴールドの4つの中から選べます。
>>素材の説明ページはこちら

PT900プラチナは純度90%のため、日常生活で変色する心配がなく人気が高いのも納得。驚いたことに欧米での主流はプラチナよりもイエローゴールドだそうです。ピンクゴールドは目新しくてかわいい♪

⇒私が選んだ素材
◆女性はK18ピンクゴールド
◆男性はK18ホワイトゴールド


(2)形状(シェイプ)を選ぶ

形状(シェイプ)を選ぶ


形状はラウンドとスクエアの2つから選べます。
>>形状(シェイプ)の説明ページはこちら

着け心地は両方とも指なじみがいいみたい。ナチュラル系のファッションが多いので、ラウンドを選びました。

⇒私が選んだ素材
◆女性はラウンド
◆男性はスクエア


(3)リング幅を選ぶ

リング幅を選ぶ


リング幅は2.5mm幅、3.0mm幅、3.5mm幅、4.0mm幅、4.5mm幅と0.5mm刻みで幅を選べます。
>>リング幅の説明ページはこちら

ここで注意です。『(5)模様を選ぶ』で気づいたのですが、3.0mm以下のリング幅には模様を入れられません。『⇒リング幅を変更』で変更できます。私は模様を入れたかったので、3.0mm幅から3.5mm幅へ変更しました。

⇒私が選んだ素材
◆女性は3.5mm幅
◆男性は4.5mm幅


(4)ラインを選ぶ

ラインを選ぶ


ラインは指輪の縁を飾る『ミルグレイン加工(ミル打ち)』をするかしないかを選べます。
>>ラインの説明ページはこちら

ミル打ちはアンティークに見られる方法だそうです。子供の頃、読んだ漫画に出てきたようなデザインを思い出しました。自分で描いた絵にもこんなペンダントがあったっけ。

⇒私が選んだ素材
◆女性はミル打ち
◆男性は無し


(5)模様を選ぶ

模様を選ぶ


模様はダイヤモンド入り、デコ、リエール、プラージュ・ドゥ・ラ・セーヌを選べます。
>>模様の説明ページはこちら

それぞれの柄に意味があるそうです。デコは「アール・デコからイメージされる植物モチー」、リエールは「蔦、そしてlier「リエ」はつなぐ・結ぶの意味」、プラージュ・ドゥ・ラ・セーヌは「『セーヌ川の岸辺』と名付けられたリング」。
デザイン的にはデコが好みなのですが、意味を知ると指輪にその意味が込めらるような気がします。悩んだ挙句に「つなぐ・結ぶ」の意味を持つリエールにしました。

⇒私が選んだ素材
◆女性はリエール
◆男性はダイヤモンド入り


(6)仕上げ(テクスチャー)を選ぶ

仕上げ(テクスチャー)を選ぶ


仕上げはヘアラインとミラーの2つから選べます。
>>仕上げの説明ページはこちら

キラキラ輝く指輪にしたいのでミラーにしました。逆に目立たないのを好む人にはヘアラインがおすすめです。

⇒私が選んだ素材
◆女性はミラー
◆男性はヘアライン


(7)刻印とサイズを選ぶ

刻印とサイズを選ぶ


刻印、内側にダイヤモンドを入れる、サイズをそれぞれ選びます。

刻印は指輪の内側に無料でレーザー刻印することができます。
オリジナルのメッセージを入れたい?♪
>>刻印の説明ページはこちら

サイズは5号?20号まであります。
指輪はサイズ選びが難しいですよね。私はすぐ指のサイズを忘れてしまったり、太って指輪が入らなくなったりしたことがあります。
BRILLIANCE+には下記のサービスがあります。まずはリングゲージの貸出でしっかりサイズを測るといいですね。

・サイズ直し無料サービス
・指のサイズを測ることができるリングゲージの貸出し
>>サイズの説明ページはこちら


(8)出来上がり!

カスタマイズした結婚指輪


私の結婚指輪ができました!
選ぶステップは多いようにみえますが、自分で選んでいるとあっという間に感じます。女性って指輪、洋服など「選ぶ時間」というものを楽しむからでしょうね。


◎なぜ結婚指輪が安いのか?

⇒オーダーメイドした結婚指輪の値段は?
◆女性:¥46,200(税込)
◆男性:¥58,900(税込)

ミル打ちしたり、ダイヤモンドを入れたり、模様を入れたりと好きなものを詰め込みました。その結婚指輪が2つで105,100円なんて嬉しいです!

BRILLIANCE+の結婚指輪が安い!なんでこんなに安いのかというと、流通を簡略化したため、一般の結婚指輪の相場の約半額程度で購入できるそうです。

また、BRILLIANCE+の魅力は安さだけではありません。
オーダーメイドで選んだ結婚指輪は『LOVE ID』というウィッシュリストに登録することができます。
>>ウィッシュリスト『LOVE ID』について

『LOVE ID』を二人で共有すると、選んだ商品にコメントをし合えるのがすごく便利。たとえば、「ダイヤモンドは外側にあると目立つよ。内側に変更してよ」とコメントで相手へ連絡できちゃうんですよね。
結婚指輪を選んだら、『LOVE ID』の登録を忘れずに♪

結婚指輪・マリッジリングのBRILLIANCE+

2009/09/14


関連記事


結婚指輪の購入ガイド
メディアにも提供しているブライダルジュエリーショップ。結婚指輪オーダーメイドの7つのポイントもあります。


PT900プラチナの結婚指輪

PT900プラチナの結婚指輪
プラチナは熱や酸にもつよく、品質が安定している素材として
ブライダルリングに最も人気のある素材です。


K18ピンクゴールドの結婚指輪

K18ピンクゴールドの結婚指輪
ローズゴールドやレッドゴールドともいわれ女性に人気のピンクゴールド。イエローやホワイトより柔らかいニュアンスの色合いが魅力です。


K18ホワイトゴールド の結婚指輪

K18ホワイトゴールド の結婚指輪
温かみのある白さが特徴のホワイトゴールド。シャンパンカラーの地金にロジウムでコーティングを施しています。


K18イエローゴールドの結婚指輪

K18イエローゴールドの結婚指輪
さびない不変性が好まれ、欧米ではプラチナよりも主流のイエローゴールド。日本でもファッション感覚で身につけるカップルが増えています。