体の悩み 記事一覧

悩み対策ケア体の悩み 記事一覧


かかとの角質対策

かかとの角質に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
かかとの角質対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
かかとの角質が硬くなってガサガサになっちゃった!なんて人、結構多いでは?かかとがガサガサになるとなかなか治らなくて、特に冬場はもっと酷くなりますよね。ひび割れしたときは痛くて、外出したくないなんてことも多々あるかと思います。

女性にとって、体のどんな部分でもツルツルすべすべでいたいもの。かかとのガサガサを解消して、美肌になりたいですね。

かかとの角質の原因

かかとの角質の原因は一体何なのでしょうか?
かかとがガサガサに硬くなるのは、靴下と擦れあったり歩くときに負担をかけているせいです。角質層には、皮膚を守るために厚くなる性質があります。そのため、皮膚に刺激が与えられると、角質層が自然と厚くなり、ガサガサに硬くなってしまうのです。

また、足の不潔も原因のひとつ。かかとをちゃんと洗わないと、古い角質がどんどん溜まってしまいます。

かかとの角質対策

かかとの角質に良いと言われている対策をご紹介します。

スクラブ剤を使ってマッサージ
かかとの角質ケアにクリームを用いている人が多いはず。ですが、クリームのお手入れだけでは角質層の奥まで浸透しないので、肌が乾燥するだけになってしまいます。

かかとの角質をケアするには、スクラブ剤を使用すると良いですよ。スクラブ剤には、摩擦効果を高める働きがあるので、角質を簡単に取り除いてくれます。お風呂上りに、スクラブ剤をかかとにつけて優しく円を描くようにマッサージしましょう。このマッサージを週に1、2回することで、かかとの古い角質が剥がれてきますよ。

かかとを柔らかくして角質を除去
硬くなったかかとの角質は、削って取り除いていきましょう。直ぐに削るのではなく、最初はクリームや乳液をつけて柔らかくしてください。その後、スムーザーやナイロンブラシで丁寧に削って角質を除去するのです。一度で全部の角質を取り除くのは難しいので、少しずつかかとを柔らかくしていくような気持ちで続けていきましょう。

足を清潔に
足は体の中でも汚れやすい部分だと言われています。きちんと汚れを落としておかないと、角質はどんどん硬くなってガサガサになるのです。そうならないためにも、日頃から足を清潔に保っておくことが大切。

足のケアには、石鹸を泡立てて手で洗うことがポイントです。つま先からかかとの隅から隅まで、手できちんと汚れを落とすようにしましょう。足を洗うときにブラシを使ってはダメ。ブラシで擦ると、角質を毛羽立たせることになるので注意が必要です。

関連商品

かかとの角質対策 | 2011/01/20

髪の毛の臭い対策

髪の毛の臭いに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
髪の毛の臭い対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
会社の飲み会の後、髪の毛が臭いと感じることはありませんか?
タバコや焼肉などの煙が髪の毛に付いて、「うわっ、臭い!」と思わず口に出したことがあります。そのあと、電車で家に帰るとき自分の髪の臭いが周りにバレないかとドキドキ状態。なるべく人に近づかないよう、ドア付近の所に終点駅までジッとしていたものです。

家に帰った後は、直ぐにお風呂でシャンプー!臭いが消えるまで、数十分間洗い続けていました。最近は髪に臭いが付かないよう、煙が多い場所にはあまり近寄らないようにしています。でも、会社の飲み会だとそうはいかないから、髪の毛が臭うことを覚悟しなければなりません。つ、つらい。

髪の臭いの原因

髪の臭いの原因には一体何があるのでしょうか?
原因として、以下のようなことが考えられます。

髪が不潔
ホコリなどで汚れた髪の毛をそのまま放置していませんか?汚れを落とさないでいると、髪の毛に溜まったゴミが細菌となって臭いを放つそうです。
日頃から、髪を清潔にしておかないと臭いの原因となってしまいますね。

皮脂が多い
髪の毛をベタつかせたり薄毛などの原因になる皮脂。そんな皮脂は、髪の臭いを引き起こすとも言われています。
細菌の栄養分となる皮脂は、分解されると悪臭を発生させるのです。また、皮脂は空気中のホコリやゴミを付着させるので、髪の臭いを解消するには皮脂を取り除く必要があります。

煙の多い場所にいる
焼肉やタバコの臭いが付くと、髪の毛が臭くなりやすいです。髪の毛には磁石のようなイオンを持っていて、周囲の臭いを引き寄せる力があるそう。
特に、傷んだ髪は臭いが吸着しやすいそうなので、注意が必要となります。

髪の臭い対策

髪の臭い良いと言われる対策をご紹介します。

シャンプーとお湯で髪の汚れを取り除く
髪に付いた汚れは、シャンプーできちんと洗い流すことが大切。汚れを洗い流すには、「シャンプー→お湯に頭をつける→シャンプー」の順番で行うのが良いでしょう。

まず、始めにシャンプーをするのは、髪についたホコリを落とすため。洗い終わったらよくすすいで、湯船に頭を5分間沈めてください。沈めているうちに、汚れが自然と湯船に浮き出てくるはず。最後は、再びシャンプーで頭皮を洗うだけ。

いつものシャンプーの半分の量で簡単に落とせるそうです。こうすることで髪についた汚れや皮脂がキレイに取れて、臭いの原因を取り除けますよ。一度、お試しあれ。

食生活の改善
皮脂が多くなる理由として、食生活の偏りが挙げられます。お肉などの動物性の油を中心とした食事は、余分な油が体内に蓄積されて皮脂を作り出す原因となります。

魚や野菜を中心とし、栄養バランスの整った食事をしましょう。また、適度な運動をすることで皮脂の分泌をコントロールすることが出来るので、なるべく毎日ウォーキングなどをして体を動かしてみてください。

ウエットティッシュでパッティング
髪についた臭いを簡単に取るケアがあります。その方法は、髪の表面をウエットティッシュでパッティングすること。ポンポンと軽く払うことで、臭いを軽減できるのです。

ウエットティッシュで臭いが取れるのなら、外出先でも簡単にケアが出来ますよね。煙のたかる場所に行くときには、ウエットティッシュを持参しましょう。

関連商品

髪の毛の臭い対策 | 2010/12/02

歯ぎしり対策

歯ぎしりに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
歯ぎしり対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
昔からよくある私の癖、それは歯ぎしりです。

仕事をしていたり書き物をしているときに友人から、「怒ってるの?」と尋ねられたことがありました。なぜそう尋ねたかというと、私の歯ぎしりが原因だそうです。どうやら作業中、無意識に歯ぎしりをしてしまっていたみたい。

前から歯ぎしりには悩まされていて、昔は眠っているときの歯ぎしりがすごかったそうです。今は徐々に良くなっていますが、まだ完全に直ってはいません。歯ぎしりのギリギリとした音、私はあまり好きじゃないです。とても不快な音で、思わず耳を塞ぎたくなります。

でも、自分もやっているのだから他人のことを言えません。私の歯ぎしりのせいでみんな嫌な気持ちにさせてしまっているのでしょうか?そう思うと凹みます。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因は一体何でしょうか?
歯並びが悪いというのも原因の一つですが、多くは精神的なストレスから起きているそうです。
日常生活の憂鬱や不安などを歯ぎしりにして表しているという説があります。奥歯を噛みしめたままの状態で筋肉が痙攣するそうです。

歯ぎしりは、眠っているときでも起こってしまうそうなので無意識にやってしまいがちです。あまり歯ぎしりが続いてしまうと、構音障害や顎関節症といった二次障害を引き起こす場合もあると言われています。

歯ぎしり対策

マウスピースで対処
睡眠中の歯ぎしりで、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
起きているときならまだしも、寝ているときの歯ぎしりは自制ができませんよね。そんなときはマウスピースが最適。

マウスピースを歯にくっ付ければ寝ている間の歯ぎしりでも、歯と歯が摩擦しないそうです。対処法としてはとても便利なアイテム。しかし、これはあくまでその場限りの解決法です。根本的な解決法ではないので、マウスピースで歯ぎしり自体が治るというわけではないのです。旅行など一時的な対策としてはピッタリだと思いますよ。

自分の好きなことをする
歯ぎしりの多くの原因はストレス。そのストレスを解消させることが、一番の歯ぎしり対策になるそうです。

なので、寝る前に自分の好きなことをして過ごすのはいかがでしょうか?
例えば、好きな音楽を鑑賞したりお風呂に入ってリラックスしたりと自分にとって有意義な時間を送りましょう。そうすることで、心が安らぎ落ち着いた眠りにつくことができるみたいです。

緊張した状態で眠ると歯ぎしりしやすくなるので、まずは心にゆとりを持ってから眠ってください。

1日にひとつ良いことをする
1日に何かひとつでも良いことをすることで、ストレス軽減になるそうです。ほんのわずかなことでも良いのです。

例えば、道端のゴミを拾ったり、自分のために花を買ったりするのも構いません。人のためでも自分のためでも良いので、とにかく良いことを実行することが大切。どんな些細なことでも1日にひとつ良いことをしたと思うと、気分が晴れて嫌なことを忘れられるみたいです。

また、1日の中で良かったことを見つけるのもストレス解消に効果的。クジが当たったことや、誰かに褒められたなどちょっとしたことでも思い返せれば、心の負担が軽くなるそうですよ。明日から、良いことをしたり見つけたりしてみませんか?

歯ぎしりには心を癒すことが大切です。
日常のストレスを感じたら、心をリラックスさせるように心がけてみてください。

関連商品

歯ぎしり対策 | 2010/11/04

肩の冷え対策

肩の冷えに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
肩の冷え対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
夜寝るときや朝起きるときは、肩の冷えに悩まされます。寒い日に限らず、涼しい日でも冷えを感じて、気が付くと手で肩をさすったりしています。

手足の冷えは聞いたことあるけれど、肩の冷えだなんてあまり聞きません。肩は脂肪分が少ないからか、より寒さに敏感なのでしょうか?

肩の冷えの原因

肩の冷えの原因は何なのでしょうか?
肩の冷えには、まずストレスが挙げられます。体は持っている機能や動きが使われないことにストレスを感じます。肩の場合は360度の可動性があるのですが、それが使われていないとストレスが溜まるのです。

また、血行不良も肩の冷えを引き起こします。血行不良によって血液が体全体に行き渡らなくなり、冷えを感じるようになるそうです。
さらに、頭の疲れも肩の冷えに関係しているのだとか。頭に疲労が溜まると、わきの下が緊張して肩甲骨の動きを鈍くさせるだけじゃなく、太い動脈を圧迫して血行が悪くなるそうです。

肩の冷え対策

肩回りの体操
肩の冷えに効果的だと言われている、肩回りを温かくする体操があるのをご存知ですか?この体操は、肩の回りの筋肉をほぐし、血行を良くしてくれるそうです。

まず、肘を上げて、手・肘・肩を水平になるようにします。このとき、肘を肩よりも高くさせないのがポイント。次に、そのまま肘を30回ほど後ろに引きます。
背中が温かく感じてきたらOKです。最後に、息を吐きながら肘を限界まで引いて、一気に力を抜くという作業を3回続けましょう。この体操を毎日繰り返すことで、肩の冷えがやわらいできますよ。

足上げで緊張をゆるめる
わきの下の緊張によって、肩が冷えるというケースが多いそうです。そんなときは、足上げで緊張をゆるめてあげましょう。

最初に、仰向けに寝て椅子や台などに踵を乗せて足を伸ばします。次に、腕を上げて後ろに伸ばしたら、頭のてっぺんで手を組み、肘が楽になる角度まで2分間ほど曲げてください。最後に、肘を曲げて腕を顔の上で交差させ自然な方の腕を上にして下ろしましょう。これにより、肩甲骨の緊張が解れ、冷えが軽減されます。

ビタミンEで冷えを保護
ビタミンEは、血行の流れを良くさせる働きを持っていて、肩の冷えにはうってつけだと言われています。
ビタミンEを多く含む食べ物として挙げられるのは、うなぎ・カボチャ・ニラ・ほうれん草・モロヘイヤ・すじこ・たらこなどです。

個人的にオススメなのが、うなぎとニラの炒め物。どちらもビタミンEを豊富に含み、おまけにニラはストレスを解消させるビタミンCの栄養も入っているのです。

作り方は、うなぎの蒲焼を細切りにし、ニラをざく切りにします。あとは、サッと炒めて出来上がり。また、豆板醤を加えるとピリ辛で美味しさが倍増しますよ。

関連商品

肩の冷え対策 | 2010/10/28

舌苔対策

舌苔に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
舌苔対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
鏡の前で歯みがきをしたとき、ふと自分の舌を見たら、舌に白いものを発見。一体これはなんだ?と思ったら、どうやら舌苔だということが分かりました。

白いものは舌の表面にビッシリとついていて、舌の半分が覆われています。ピンク色でキレイな舌が理想的なのですが、舌苔のせいでなかなか理想に近付けません。仕方ないので、歯ブラシを使って取ってみることに。

ですが、母から「歯ブラシは舌を傷つけるわよ!」と言われ、それ以来、何もやっていません。舌苔の取り方をどうすればいいのか悩みます。

舌苔とは?

舌苔とは、一体どのようなのもなのでしょうか?
みなさんは舌をペロッと出すと、表面に白いものが付着していませんか?この舌の表面に付いている真っ白い苔のようなものが舌苔です。

舌苔は、細菌の塊で口臭を発生させると言われています。とはいえ、舌苔は口腔内の細菌のバランスを保つ働きを持っているので、うっすらとついている程度は問題ないそうです。舌の表面にびっしりと舌苔がついていたら取り除く程度にしましょう。

舌苔の原因

舌苔の原因は、一体何なのでしょうか?
舌苔が出来てしまうのには様々な理由がありますが、主な原因として挙げられるのは口内が乾燥です。

口の中が乾燥気味になると、細菌が繁殖しやすくなります。それにより、細菌が舌に付着して溜まっていくと舌苔となってしまうそうです。口内が乾燥する原因として、以下のようなことが考えられます。

不規則な生活を送っている

アルコールや甘味飲料を飲み過ぎる

歯磨きを怠っている

唾液の分泌量が少ない


舌苔対策

舌苔に良いと言われている対策をご紹介します。

規則正しい生活
規則正しい生活を送ることが舌苔ケアの第一歩。早寝早起きやバランスのとれた食事、適度な運動を繰り返して生活習慣を整えるよう心がけてください。
お酒やタバコ、甘味料などを控えることも大切ですよ。

歯みがきをしっかりと行う
舌の表面はザラザラしているため、食べカスが非常に溜まりやすい場所。口内に残った食べかすはやがて細菌となり、舌苔と変化します。

食事のあとには、しっかりと歯を磨いて舌苔対策をしましょう。歯みがきは10分行い、一本一本丁寧に磨くことがポイント。また、口の中に付着した食べかすやジュースの着色を洗い流すうがいも忘れないでくださいね。

舌苔の取り方
舌苔を発見したら、歯ブラシで取り除こうとしていませんか?歯ブラシでゴシゴシと磨いてしまうと、舌が傷ついて口内環境を悪化させてしまいます。さらに口臭を出しやすくするので、歯ブラシを使って舌苔を取るのは控えましょう。

舌苔を取り除くには、舌を傷つけないようにガーゼを使用するのが基本。指にガーゼを巻きつけて優しく拭い取ってください。また、タオルでも効果的ですよ。

キウイフルーツを食べる
キウイフルーツが舌苔対策に効果的だということをご存知でしたか?キウイフルーツに含まれているアクチニジンをいう物質が舌苔などの汚れを分解してくれるそうなのです。
夕食後にキウイフルーツを食べて舌苔対策をしたいですね。

舌苔対策グッズで解消
最近では、舌苔を取り除くためのグッズがたくさん見られます。舌苔を解消するなら、対策グッズを活用するなどして、定期的なケアを行うことが大切です。

けれど、あまりやりすぎてしまうと逆に舌を傷つけてしまう恐れがあるので、1日に何回もやる必要はありません。専用ブラシやクリーナー、スプレーなど様々な種類があるので、自分に合った対策グッズを選んでみてください

舌苔対策 | 2010/10/21