体の悩み 記事一覧

悩み対策ケア体の悩み 記事一覧


二日酔い対策

二日酔いに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
二日酔い対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
会社の飲み会の翌日によくなる二日酔い。気持ち悪くて吐き気を起こすだけでなく、頭痛を感じることも。身体もだるくて何もやる気が起きませんよね。おまけに私の身体からお酒臭さが出てしまって、家族から「臭い」とよく言われてしまいます。

二日酔いって社会人には、とても悩ましい問題だと思います。
これでも、飲み会のときはいつもお酒を少なめにしようと考えてはいるものの、ついその場のノリで飲みすぎてしまうのです。自制しようとしてもなかなか直らないのが私の悪いところ。昨夜までのハイテンションはどこに行ったんだろうと思いつつ一日中ベットに寝転がる。これが私の二日酔いの過ごし方です。

二日酔いとは?

二日酔いとはどんなものなのでしょうか?
二日酔いは、お酒による酔いが翌日まで残り、気分が悪くなってしまうことです。主な症状としては、食欲不振・頭痛・吐き気などが挙げられます。仕事の飲み会などでお酒を飲み過ぎて二日酔いになるという人が多いみたいですね。

二日酔いの原因

二日酔いの原因は一体何があるのでしょうか?
二日酔いは、体内のアルコールが分解しないことが一番の原因だと言われています。飲み過ぎると肝臓が多量のアルコールを完全に分解できずそのまま体内に残ってしまうそうです。

また、水分不足になると尿を出す作用が失われるため、アルコールを外に出すことが出来なくなるみたいです。

二日酔い対策

ツボを刺激して二日酔い解消
二日酔いに効果的なツボがあるということをご存知でしたか?なんと、頭と足のツボをおすことで二日酔いを解消出来るそうです。

まず、百会と呼ばれるツボを親指で押しましょう。百会は頭の真上にあり、ここを刺激すると二日酔いによる頭痛を和らげる効果があると言われています。
次に、足の土踏まずの上にある窪みがあるツボ、湧泉を刺激します。
この湧泉を指圧することによって、気分のだるさを解消し、元気を取り戻せるみたいです。
さらに、二日酔いの予防にもなるそうなので、お酒を飲む前にこれらのツボを刺激してみてみると良いでしょう。

柿は二日酔いに効果的な食べ物
柿は二日酔いの特効薬だと言われています。
柿に含まれている糖分はアルコールを分解してくれる働きがあるそうですよ。特に、よく熟した柿の方がビタミンCを多く含んでいると言われているので、甘い柿を食べるようにしてみてください。お酒を飲む前に柿を食べると予防にもなるそうですよ。

また、胃粘膜を保護する力がある乳製品を含む食べ物も二日酔いの予防になるみたい。
二日酔いに悩んでいるときは熟した柿を食べましょう。

シジミ汁で肝臓をスッキリ
食欲がなくて、何も食べる気がしない。二日酔いになったらよくある症状です。しかし、二日酔いを解消するにはアルコールの分解を早めるために、できるだけ何かしら口に入れたほうが良いそうです。そんなときは、シジミ汁がオススメですよ。

昔から、シジミ汁はアルコールの分解を促進させる効果があり、肝臓に良いと考えられていたそうです。シジミ汁ならあっさりしていて、喉に通りやすいため、食欲がなくても食べやすいと思います。

また、シジミ汁以外に二日酔いに効くのは梅干だそうです。梅干には肝臓の働きを活発にさせる効果があり、アルコールを外へと排出する働きを得られます。二日酔いの朝には、シジミ汁と梅干をメニューに加えてみましょう。

会社での付き合いで二日酔いをするのは仕方のないこと。
お酒を控えるのが難しいときは、ツボを押したり柿を食べたり、シジミ汁を飲んだりして二日酔い対策に役立ててください。


二日酔い対策 | 2011/12/05

視力低下の対策

視力低下に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
視力低下の対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
視力が落ちてきたのは小学校の頃から。TVの観過ぎや暗いところで本を読んでいたせいか、急激に視力の低下を感じてきました。目のことを考えずに、負担ばかりかけ続けてきたせいかもしれません。

視力が低下すると、趣味の絵描きや読書のときに、目が見にくくなって困ります。おまけに、物を探すときもいちいち眼鏡をかけなければいけないので、ちょっと手間がかかる。コンタクトレンズにしようか迷った時期もあったけれど、友人から「コンタクトレンズはお手入れが大変よ」と言われ、今日までずっと眼鏡を愛用しています。

裸眼のまま遠くの物が見えたり、小さい字が見えるのに憧れを感じます。視力を回復すれば、毎日がより快適になるのだろうと思う今日この頃です。

視力低下の原因

視力低下の原因は一体何でしょうか?
原因としては、以下のようなことが考えられます。

長時間の画面の観過ぎ

食生活の乱れ

睡眠不足

ストレス

視力が低下してしまうのは、どうやら普段の日常生活に問題があるそうですね。遺伝による視力低下もあるそうですが、それはごく稀なこと。ほとんどが生活習慣が原因で起きてしまうので、日頃から健康的な生活を送ることが重要です。

視力低下対策

私が行っている視力低下の対策方法をご紹介します。

規則正しい生活
規則正しい生活を送ることはとても大切なこと。これは、視力低下だけに限らず健康面でも欠かせないことです。
食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどが視力低下の原因なら、まずは自分の生活習慣を見直してください。「偏食はしていないか?」「充分な睡眠をとっているか?」と思い当たることがあればどんどん出していきましょう。きちんと改善すれば、規則正しい生活習慣を送れるはずです。

冷湿布とブルーベリー
パソコンや携帯などの画面の見すぎて、視力の低下を感じたときは冷湿布を使ってみてはいかがでしょう?
冷水に浸したタオルを目に当てれば、酷使した目の疲れや視力の低下を和らげてくれるそうなのです。また、タオルがなければ使用済みのティーバックを冷やして使うという方法もあります。

もちろん、視力低下を防ぐには日頃からのケアも大切。目に良いことで有名なブルーベリーを食べて視力回復に役立ててください。そのまま食べても、ヨーグルトと一緒に食べてもOK。自分好みの食べ方で美味しくいただきましょう。

アジを食べる
魚は栄養効果が高く、視力低下にも最適だと言われています。その中でも、特に目に良いと言われているのがアジ。アジの栄養素は、視力回復に高い効果を持っていて、目の疲労も取り除いてくれる嬉しい魚なのです。

また、目の疲れからくる頭痛や肩こりにも効くみたい。新鮮で脂ののっているアジほどより高い効果を得られるので、お腹のあたりが丸く盛り上がっているのを選んでみてください。

視力低下の対策 | 2011/11/07

X脚対策

X脚に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
X脚対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
歩きにくくて立ち姿が醜くなるX脚は、女性にとっては悩ましい問題。人目が気になってしまって、人前に出たくなくなりますよね。おまけに、スカートやズボンを履いても、足の形のゆがみがバレてしまう。

早く治して、この不恰好な外見をなんとかしたいと思っている人が多いのではないでしょうか?
これから、X脚の原因と対策をご紹介します。

X脚とは

X脚とは一体どのようなものでしょうか?
X脚は、足の両膝がぶつかってピッタリと足が揃えられないことをいいます。立ち姿の見た目が悪かったり、膝と膝があたって歩きにくくなるので、X脚を気にする人が多いそうです。

また、X脚になると美容面だけじゃなく健康にも様々な影響を与えてしまいます。例えば、疲れやだるさ、冷えといった症状を引き起こすのです。早めにX脚対策を始めて、解消するのが望ましいですね。

X脚の原因

X脚の原因は一体何でしょうか?X脚になる原因としては、以下のようなことが考えられます。

姿勢が悪い

ビタミンD不足

遺伝

関節の緩み

日頃から姿勢が悪かったり、栄養バランスが整っていない食事をしていると感じた人は、X脚の可能性があると思われます。また、遺伝が原因でX脚になるケースもあるみたい。どちらにしても、普段の生活習慣を見直すことが大切です。

X脚対策

私が心がけているX脚対策をご紹介します。

姿勢を正す
X脚が気になって仕方ない!という人は、普段から姿勢を正すように努力することが必要。姿勢を正すことで、偏った筋肉が変化してきます。もう一度、自分の歩き方や立ち姿をチェックしてみましょう。
歩いたり座ったりするときは、胸を張って背筋を伸ばして、しっかりした姿勢を保つことが大切です。

ビタミンDを摂取
ビタミンD不足は、X脚になる原因です。ビタミンDを多く含む食品には、鮭や秋刀魚、卵黄にキクラゲなどが挙げられます。野菜や豆類よりも、魚類に多く含まれているので、魚を食べると良いそうですよ。積極的に、普段の食事にビタミンDを取り入れるよう心がけましょう。

骨盤体操をする
骨盤体操で骨盤を引き締め、ゆがみを緩和しましょう。
骨盤体操は、まず仰向けに寝て足を思いっきり伸ばし、左右の足の甲を反らして、親指同士をくっつけます。次に、深呼吸しながらかかとを30cmほどの高さまで持ち上げましょう。息を吐ききったら、かかとをストンと床に落としてください。このとき、親指同士がくっついていたらOK。そのまま息を止めて、ワンテンポ置いて息を吸います。最後に、うつぶせになって3?5分静止します。そのあと、あとずさるように体を起こしましょう。

関連商品

X脚対策 | 2011/10/10

寝相が悪いときの対策

寝相の悪さに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
寝相が悪いときの対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
突然ですが、私は布団派です。ベッドって、どうしても好きになれません。なぜかというと、とっても寝相が悪いからです。

今では落ち着いている方ですが、朝起きると、足元に頭がきていたことがありました。180度も回転するなんて、一体眠っている間に何が起こったのだろうと不思議で仕方ありません。

ですが、これはまだ序の口。
昔はもっと酷かったそうです。以前、家族と旅行したときホテルのベットから転落したことがあります。また、友人が泊まりに来て一緒に寝たとき、私の足や腕が友人の顔に当たったそうです。

布団から手や足が出るだなんてことは、毎日のようにありました。とことん寝相が悪いんだなぁ、私って。もう一緒に寝てくれる人はいないかもしれません。悲しい。

寝相が悪い原因

寝相が悪い原因は何でしょうか?寝相は寝返りによって起こります。

寝返りの目的は、床ずれにさせないための運動。人間は、ずっと同じ体勢を保っていると血行不良になってしまいます。それは眠っているときも同様で、同じ寝方が続くと血の流れが悪くなり床ずれを起こしてしまうそうです。寝返りは、そんな床ずれにならないためにあるのです。

しかし、寝返りをするのはそれ以外の理由もあるみたい。寝相が悪くなるのは、眠る環境に問題があると考えられています。暑い、または寒い環境の中の室内や枕の高さが合わないといった身体が安心して眠れる環境を探してしまうため、寝返りであちこちベットの中を移動してしまうそうです。

寝相の悪さ対策

抱き枕で負担を軽減
寝相の悪さはどうすれば改善されるのでしょうか?
寝相を良くさせるためには、抱き枕が効果的だと言われています。抱き枕を腕と足に挟み込むことで、身体が安定して負担が軽減されるみたいです。寝返りも落ち着くので、寝相の悪さを改善したいときにオススメだと思います。

また、抱き枕の他に足枕でも身体が安定するみたいですよ。自分の寝方に合った枕を選んでみてくださいね。

寝室の環境を整える
寝る前に、寝室の環境を整えましょう。寝室の環境をしっかりと調整することで、気持ち良い眠りにつくことが出来るそうです。

まず、寝室の温度設定をします。夏は約25℃、冬は15℃前後にして、湿度はだいたい50%ぐらいが目安みたいですね。パジャマもそれぞれの四季に合わせたものを着ると良いですね。あとは、寝るときに部屋を暗くして寝やすい環境を作りましょう。
これなら、寝やすい場所を探すために寝返りをうたずに済みますよね。

ストレッチしておく
睡眠に入る前に、ストレッチをしておきましょう。
ストレッチをすることで、筋肉がほぐれて寝相に効果的だそうです。ストレッチは心と身体の疲れを癒す効果があると言われています。寝る前に行うことで、心地よい眠りになるみたい。全体的にバランス良く伸ばすことがストレッチのポイントだそうです。

朝起きたらベットから落ちてたなんて経験は、もうしたくないです。この寝相対策で、寝相の悪さを解消してみてください。

関連商品

寝相が悪いときの対策 | 2011/06/20

お腹が鳴る時の対策

お腹が鳴る音に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
お腹が鳴る対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
「会議中にお腹がなっちゃったー!」なんて経験、ありませんか?
周りが静かな中でお腹が鳴ると、とても恥ずかしい気持ちになりますよね。

学生時代も試験でシーンとしている時に限って、お腹が鳴りました。みんなのクスクス笑う声が聞こえてきて、どこかに逃げたくなるのです。

少しでも音を防ごうと、お腹に力を入れてみたり、手でお腹を押さえたりしています。でも、気がゆるんだ隙にグーーっと鳴る。大人になっても、お腹の音に悩まされるとは。

お腹が鳴る原因

お腹が鳴る原因は一体何でしょうか?
単純にお腹が鳴っている場合は、血糖値が低いのが原因だそうです。空腹になると、血糖値は下がり、胃が収縮してお腹が鳴るのです。

また、腸の中にガスが溜まっていているのもお腹が鳴る要因となります。運動不足やストレスによって、腸の動きが鈍くなり、腸内にガスが溜まってしまうみたい。ガスが溜まることでお腹が張り、緊張すると余計にお腹はゴロゴロと鳴ってしまいます。

お腹が鳴る対策

お腹が鳴る音に良いと言われている対策方法をご紹介します。

飴やガムを食べて血糖値を上げる
「ちょっと小腹が空いたな」と感じたら、お菓子をつまむと良いそうです。飴やガム、チョコレートといった手軽なものを口に入れると、血糖値が上がってお腹が鳴るのを和らげてくれます。仕事の会議前などに食べておくと良いかもしれません。

運動する
ガスが腸内に溜まるのは、運動不足が原因の一つとして挙げられます。なので、日頃から運動不足を感じている人は、ジョギングをしたりスポーツクラブに通って体を動かしてみましょう。運動はストレス発散にも繋がるので、一石二鳥ですね。

お腹をマッサージ
お腹が鳴りそうになったら、お腹をマッサージしてみましょう。まず、仰向けになって足を伸ばします。おヘソを中心にして、手で"の"の字を書くようにお腹を撫でると効果的に。このマッサージは便秘にも効くそうなので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

余計な空気を飲み込まない
食べたり飲んだりするときに体へ入ってくる空気もお腹がなる原因。特に、空腹時に息を吸いすぎると胃の上部に溜まった空気が圧迫されて鳴ります。なので、なるべく息を吸いすぎないように気をつけるようにしましょう。

関連商品

お腹が鳴る時の対策 | 2011/05/23