美容の悩み 記事一覧

悩み対策ケア美容の悩み 記事一覧


肌のくすみ対策

肌のくすみに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
肌のくすみ対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
友人から「顔色が暗いけど、調子が悪いの?」と聞かれました。ぜんぜん体調は悪くないし、むしろ良いほうなのですが、どうしてそんなことを聞かれるのか不思議でした。気になって、ふと鏡をのぞいてみると、顔が全体的に暗くなっているのです。ビックリしましたが、どうやらこれは肌のくすみが原因みたい。

いつの間にこんなにくすんでしまったのでしょう?何度も洗顔してくすみを取ろうとしますが、なかなか顔が明るくなりません。仕方ないので、その場でファンデーションをして済ませました。でも、ファンデーションを厚塗りしてごまかすのは肌に良くありませんよね。何か肌のくすみに良い方法なんて無いのかな?

肌のくすみとは

肌のくすみとは一体どのようなものなのでしょうか?
くすんでいる肌というのは、透明感がなくて血色が悪い肌のこと。くすみがあるだけで、不健康な印象を与えて顔全体が暗くなりがちになります。ニキビやシワなどのように目でハッキリと確認できるものではなく、少しずつ肌の色が変わってくるので、自分ではなかなか気づかないことが多いそうです。

肌のくすみの原因

肌のくすみとして考えられる主な原因を挙げてみました。

ストレスや疲労
くすみの原因にはストレスや疲労などが大きく関わってきます。なぜなら、精神的な負担がかかると血行が悪くなり、顔色が冴えなくなるからです。また、睡眠不足や不規則な生活などを続けると、自律神経が乱れて余計くすみがくっきりと現れてしまうので要注意。

表皮が厚くなっている
皮膚は、28日周期で古い表皮から新しい表皮へと変わる代謝サイクルを行います。この代謝サイクルをターンオーバーといい、これが行われることで肌がいつでもキレイな状態でいられるのです。
しかし、歳を重ねることで、ターンオーバーのスピードはどんどん落ちてしまいます。28日周期で表皮が新しくなるはずなのに、古い表皮の剥がれが遅いと新しい表皮がそのまま蓄積されます。蓄積した新しい表皮は、レンガ状に積み重なって厚みを増していき、汗や皮脂などの不要な老廃物がどんどん表皮に溜まってくすみとなってしまうのです。

乾燥した肌
乾燥した肌は、くすみになりやすいと言われています。乾燥肌になると、潤いがなくなりターンオーバーなどの機能が低下するそうです。肌の表面に色が暗い古い表皮が残ってしまい、くすんで見えてしまいます。また、乾燥肌は放っておくと肌の老化を促進させてしまうので、なるべく早めに解消させましょう。

不完全な洗顔
日頃から洗顔をしていても、汚れやクレンジングがしっかりと落とせていないと意味がありません。顔に残った汚れとクレンジングが酸化してくすみの原因となってしまうからです。くすみを解消するには、正しい洗顔法とクレンジングを知っておく必要があります。

肌のくすみ対策

肌のくすみに良いと言われる対策をご紹介します。

充分な睡眠をとる
ターンオーバーを促進させるには充分な睡眠をとることが大切。遅くても、夜の10時には寝るようにします。なぜなら、肌の新陳代謝が最も盛んな時間帯というのが午後10時から午前2時だと言われているからです。キレイな肌を保つためにも、この時間帯には寝ておきたいものです。

肌を乾燥させない
乾燥肌はくすみの天敵。肌が乾燥しないためにも、化粧水や美容液などでしっかりと保湿しましょう。また、室内でエアコンなどを使用すると肌が乾燥しがちになってしまいます。そんなときは濡れたタオルを部屋にかけておくだけでも効果的です。

鉄分とビタミンCを摂る
血行不良を改善するためには、鉄分とビタミンCを含む食べ物を食べるようにしましょう。「血行をよくするのなら、鉄分だけでいいんじゃなの?」と思う方がいるかと思われますが、鉄分は体に吸収されにくい栄養素なので、そのまま老廃物として一緒に外に出てしまうそうなのです。

鉄分を吸収させるためには、ビタミンCが最適。ビタミンCは、鉄分を体に吸収されやすい物質に変える働きがあります。血行を良くするためには、鉄分とビタミンCを一緒に摂るようにしましょう。鉄分が豊富な食品は、ひじき・レバー・大豆・あさり・きな粉など。一方、ビタミンCは、レモン・ゆず・アセロラ・ブロッコリー・キャベツなどが挙げられます。

冷温パック
冷温パックは、忙しいときにも簡単に行えるケアです。方法は、フェイスタオルを2枚用意し、1枚は熱いお湯につけてしぼって蒸しタオルにします。蒸しタオルをそのまま顔に乗せて2、3分ほどリラックスしましょう。
リラックスし終えたら、もう1枚のタオルは氷水などにつけて冷やしタオルをつくります。冷やしタオルも顔に乗せて2?3分待ちます。
このような冷温パックを行うことで、血液の流れを良くし、肌の回復力も上がると言われています。

関連商品

肌のくすみ対策 | 2010/12/09

フケ対策

フケに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
フケ対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
ときどき、「私って不潔なのかな?」と思うことがあります。なぜなら、髪をかきあげると、フケが出てきてしまうからです。

昔からフケが多くて、よく周りから指摘されていました。私は黒や紺といった濃い色の服装を好んで着るので、どうしてもフケが目立ってしまいます。

いちいち落ちてきたフケを払うのは面倒でイライラします。ちゃんとシャンプーしているのに、どうしてフケが出るんだろう?フケがある人は不潔だと耳にしたことがあるため、周囲に敬遠されているのではないかと不安になります。

フケとは?

フケとは、頭皮の古くなった角質層が剥がれ落ちた白い粉状のようなものです。要するに、フケは新しい角質層を作るために出てくる老廃物なのです。
フケは誰にでもあるものだと言えますが、中にはフケ症と呼ばれるものがあります。フケ症は、フケが多量に出てきたり痒みを感じる症状のことです。

フケの原因

普通のフケは頭皮の角質層が新しくなる時期に出てくるそうです。季節の変わり目や気温の上下などで変化するみたいですね。
一方で、フケ症は一般的なフケとは原因が異なります。フケ症は思春期や初老期に多い、皮脂の過度な分泌です。他にも、栄養不足や精神的なストレスなどが挙げられます。

フケ対策

フケ対策によいと言われる対策方法をご紹介していきます。

頭皮マッサージ
頭皮マッサージもフケには効果的。
まず、両手の指を両側から頭頂部、後頭部へと軽く叩くようにします。これを何回も繰り返して、あとは指の腹を使って軽くマッサージしましょう。頭皮マッサージは血行を良くして、痒みにも効果的みたい。シャンプーをしている時にやると良いそうですよ。

ストレス解消
フケはストレスが原因で出てきてしまうことがあります。
精神的なストレスが溜まってしまったら、心を落ち着かせるようにしましょう。

例えば、薔薇の香りや柑橘系の芳香など自分の好きな香りを嗅ぐと心が癒されます。また、一日何もしないで過ごしたり、ひたすら寝てみたりと自分を休ませることが大切。趣味を楽しんだり、気分転換に散歩したりと自分だけの時間を費やすこともストレス解消になりますよ。

ストレス解消は自分の好きなことを行うのが一番。自分に合ったケアで心をリフレッシュさせてみてくださいね。

関連商品

フケ対策 | 2010/11/25

抜け毛対策

抜け毛に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
抜け毛対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
抜け毛に悩んでいる女性って意外と多いのではないでしょうか?この間、指で髪の毛を弄っていたら、ハラッと何かが落ちました。なんだろうと思って床を見たら、なんと自分の髪の毛だったのです。2?3本ほど毛が落ちていたのでビックリしてしまいました。

そういえば、シャンプーで毎回髪を洗い流すときも髪の毛が何本か抜け落ちている気が。これって抜け毛なのかな?抜け毛といえば、中年男性のイメージがとても強く、女性にはあまり関係のない悩みだと思っていました。

しかし、最近は女性でも抜け毛に困っている人が多いらしいですね。自分自身でも「もしかして、抜け毛のケアが必要なのかな?」と感じ始めています。街中で頭の薄い男性を見かけると、自分の将来が少し不安かも。


抜け毛とは?

抜け毛とは、その名の通り毛が抜け落ちることを言います。意図的に抜けた毛ではなく、自然に抜けた毛が抜け毛だそうです。人間の髪は周期的に抜けていくもので、普通なら1日に数十本程度の髪が抜けると言われています。

抜け毛の原因

抜け毛の原因とは一体何なのでしょうか?抜け毛の原因として考えられることを挙げてみました。

頭皮の血行不良
抜け毛の原因の一つとして、頭皮の血行不良が挙げられます。頭皮の血液の流れが悪くなると、髪に充分な栄養が与えられず、抜け毛となってしまうそうです。

頭皮に負担をかけている
髪をゴムできつく縛るヘアスタイルを続けていませんか?このようなヘアスタイルは頭皮に無理な力がかかって、抜け毛の原因となると言われています。

不規則な生活
睡眠不足や偏食といった不規則な生活を送ると抜け毛を引き起こしやすいです。体が栄養不足になったり、ストレスを感じさせることもあるみたい。栄養不足とストレスは髪にとって悪影響を与えてしまうので、自分の生活習慣を見直してみてください。

抜け毛対策

抜け毛によいと言われる対策方法をご紹介していきます。

シャンプーしながら頭皮マッサージ
抜け毛にはまず、髪を清潔に保つことが大切。抜け毛が気になるからと言って、洗髪を控えるのは逆効果になってしまいます。毎日のシャンプーは欠かさず行いましょう。

抜け毛を減らすためにも、シャンプーと一緒に頭皮マッサージも行うと効果がアップ。
まず、シャンプーで髪を洗ったら、指の腹で頭皮を10回ほど揉みます。このとき、円を描くように下から上へと揉むのがコツ。あとは、これを頭の数十箇所でマッサージするだけ。頭皮の血の巡りを良くさせます。

首の回転運動
抜け毛にはまず、髪の土台となる頭皮を元気にしてあげることが必要。そこで、首の回転運動で、普段から頭皮に刺激を与えて頭皮を引き締めておきましょう。

首の回転運動は、首をクルクルと回すだけの簡単な運動。途中で顎を胸にくっつけて回すのがコツですよ。やめるときは頭が前に垂れた状態で終わらせます。この運動で血行が良くなり、抜け毛を減らすことができるみたい。また、顎から首のラインをスッキリさせる効果があるみたいなので、女性にはとても嬉しい簡単な運動ですよね。

髪の毛に良い食べ物を
抜け毛になってしまったら、髪に良い栄養素を摂取しましょう。抜け毛対策に最適な食べ物は、海藻類です。海藻類には、髪を健康にしてくれる栄養素がたくさん詰まっていると言われています。

また、ビタミンEには、血行を良好にさせる働きがあるため、抜け毛防止に最適みたい。髪の毛に一番大切なのは、バランスの良い食事を摂ること。様々な栄養素を含んだ食事をするよう心がけてみてください。

関連商品

抜け毛対策 | 2010/11/18

シャンプーの使い方

シャンプーの使い方に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
シャンプーの使い方をご紹介します。

編集部の菜々子です。
私の髪はかなり傷んでいます。枝毛もあるし、なんだかパサついてる感じがするのです。最近では髪の艶までなくなったのでは?と時々思います。一体なぜこんなに痛んでしまったのでしょうか。

思い当たる原因は、恐らくシャンプーの使い過ぎではないかと。小さい頃の私は、髪によくフケがよく出ていたみたいで、親から「フケが出てるからちゃんと洗ってゆすぎなさい」と言われたことがあります。髪の毛をキレイに保つにはたくさんシャンプーを使えば良いと思い込んでいたため、多量のシャンプーで洗っていました。それでいてすすぎはサッと泡を落として終わり。これでは髪は傷むはずです。

なるべくシャンプーは少なめで使うのがベストだそうですが、しっかり泡立たないと何だか不安になります。今では、シャンプーの量は3回プッシュして使っていますがこれでも多いのでしょうか?基本的なシャンプーの使い方を学びたいものです。

シャンプーの使い方で髪は傷む

シャンプーは髪の毛の艶や手触りを保つ働きを持っています。けれど、シャンプーを使うことによって髪を傷めてしまっていることがあります。シャンプーに含まれている成分が髪を傷めているそうなのです。

使う量が多ければ多いほどデリケートな髪となって、非常に傷つきやすくなります。極力、シャンプー量を減らして髪を洗うことがポイント。シャンプーの方法を知って、美しい髪の毛を保ってくださいね。

シャンプーの方法

洗う前にブラッシング
髪の毛を洗う前に、まず準備が必要です。
前もってブラッシングで髪をとかしておくと、頭皮の汚れが浮き上がります。また、髪が絡んだままシャンプーしてしまうと、髪が傷んでしまうので注意してくださいね。

このときに気をつけることは、根元からいきなりブラッシングするのではなく、毛先からとかすのがポイント。毛先のもつれを解いてから次第に根元へと行いましょう。

関連商品


ブラッシングは髪のもつれを解くだけではなく、地肌の血行も良くしてくれます。シャンプーの前にはブラッシングを忘れずに。

シャンプーの量は少なめに
シャンプーの量はできるだけ少なめにすることが髪のケアに必要なことです。それでは、一体どれぐらいの量のシャンプーを使えば良いのでしょうか?

一般的にちょうど良いシャンプーの量はワンプッシュだと言われています。これだけでも、シャンプーがしっかり泡立って頭皮の汚れもスッキリ落としてくれるそうですよ。シャンプーをお湯で薄めて使います。

洗うときは、毛先まで泡が浸透するよう、地肌をマッサージするのがコツ。また、髪を傷めてしまわないようにシャンプーは短時間で済ませましょう。洗い過ぎは禁物です。

髪以外の汚れも落とそう
シャンプーは髪の毛だけではなく、他の部分でも有効的に活用できますよ。つい見落としがちな汚れやすい部分は、額の生え際や両耳の後ろ、後頭部の生え際。

洗い方は、人差し指と中指を髪が生えている縦方向に動かして洗うと効果的です。人差し指と中指を上手く使うことでこれらの部分の汚れが落ちやすくなるそうです。

シャンプーのすすぎは丁寧に
洗い終わったら、すすぎに入ります。すすぎは、シャンプー以上に時間をかけて行うことが重要。全体的に泡を洗い流したら、次に地肌にシャワーが当たるようにすすぐと良いそうです。

案外手抜きがちなすすぎですが、実はとても大切なこと。しっかりシャンプーを洗い流さないと、頭皮を傷めたりフケが出てきてしまいます。せっかくキレイに洗ったのに、すすぎで髪を傷めてしまったら台無しになってしまいます。

二度洗いのときはどうすればいいか
普通、シャンプーは一日一回が目安です。けれど、スタイリングやムースなどで頭皮が汚れているときは二度洗いをお勧めします。

二度洗いのときは、それぞれ違う成分を含んだシャンプーで洗うのが良いと言われています。まずは油分の少ないシャンプーを使いましょう。全体的に泡をなじませて、地肌をマッサージするように洗います。

次に、アミノ酸を含むシャンプーを使用して、なるべく毛先を重点的に洗いましょう。
このようにシャンプーを使い分けることによって、それぞれのシャンプーの効果が表れて髪をキレイにしてくれますよ。

シャンプーの効果をより引き出すために、まずシャンプーの使い方を身に付けることが第一。
上手なシャンプーのコツを掴んでヘア美人になってくださいね。

関連商品

シャンプーの使い方 | 2010/11/11

ムダ毛対策

ムダ毛に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
ムダ毛対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
女性なのに毛深いのが悩みだなんて何だか嫌になります。夏にキャミソールやタンクトップを着ると、ますます毛深さが目立ってしまうのです。

毎日、お風呂上がりはムダ毛と格闘。一旦スベスベになっても、後からまた直ぐに毛が生えてくるのでキリがありません。スネ毛のジョリジョリ感がとてもおっさん臭く感じます。でも、それが逆に気持ちよくて何度もジョリジョリ感を味う私。少し屈辱感を感じました。

職場の仲間は、卵みたいに肌がツルツル。ムダ毛なんて一本も見当たらない。どうして私ばかりムダ毛が多いの?

ムダ毛の原因

ムダ毛の原因は男性ホルモンが多いからだと考えられています。
男性ホルモンには体毛を増やす働きがあるため、たくさん分泌されればそれだけムダ毛が多くなるということだそうです。男性ホルモンが多いということは、女性ホルモンが不足気味な状態だといえます。

ムダ毛対策

ムダ毛対策によいと言われる方法をご紹介していきます。

カミソリでムダ毛処理
ムダ毛を剃るときに役立つカミソリ。まず、処理を始める前にお風呂に入っておきましょう。
お風呂に入ることで、肌が温まり毛穴が開きます。そして、毛も柔らかくなるので、処理しやすくなるそうですよ。
カミソリでのムダ毛処理は、毛の流れにあわせて沿っていくことがポイント。逆に毛の生えている方向と反対から剃ると皮膚を傷つけてしまうそうです。カミソリでムダ毛処理を行う際は、毛の生えている方向と同じ流れで優しく剃りましょう。
また、乳液を塗ってから行うと肌への負担が軽減されるみたいですよ。

除毛剤にはパッチテストを
除毛剤は、クリームを塗ってムダ毛を簡単に処理できるもの。ですが、除毛剤というのは刺激が強い成分が入っているそうです。まずは除毛剤が自分に合うかどうかを確かめるために予めパッチテストをしておきましょう。
肌はとってもデリケート。除毛剤の多くはアルカリ性なので、肌への負担が大きくなってしまいます。肌が弱い人が使用すると、肌荒れの原因となってしまうので除毛剤はあまりオススメ出来ません。

ザクロを食べる
女性ホルモンが不足してるかも、と感じてきたらザクロを食べてみましょう。
ザクロには、女性ホルモンと同じ性質であるエストロゲンという成分が入っているそうです。このエストロゲンは年を重ねていくにつれて段々減っていくと言われています。
ムダ毛はもちろんのこと更年期障害や老化にもザクロはオススメな食べ物だそうです。ザクロはそのまま食べてももちろん美味しいのですが、酸っぱさと酸味があるのでケーキなどの甘い物と一緒に食べてみるのも良いかもしれません。
また、ジャムにしたりジュースにしたりと手を加えることによってまた違ったザクロを味わうのも楽しいですね。

ムダ毛処理はちゃんとしたお手入れが大切。しかし、その一方で肌のことも考えなくてはいけません。ムダ毛処理を行う際には、やり過ぎないように気をつけましょう。

関連商品

ムダ毛対策 | 2010/07/13