美容の悩み 記事一覧

悩み対策ケア美容の悩み 記事一覧


ほうれい線対策

ほうれい線に悩む女性は多いのではないのでしょうか?
ほうれい線対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
友達とのおしゃべりやTVを観て笑うと、顔にくっきりと現れるほうれい線。ほうれい線は、老いの象徴だからつい笑うのをためらってしまう。そんな女性が多いのではないでしょうか?

「ほうれい線のことを気にしないで、笑うことが大切だよ」と友達に言われたことがあるけれど、やっぱり周りから「あの人、老けてるなぁ」と思われたくありません。笑顔は、自分も相手も幸せにしてくれるもの。ほうれい線を気にせず、ずっと笑顔でいられたら嬉しいですよね。笑顔が輝く素敵な女性になりたい。

ほうれい線とは?

ほうれい線とは一体なんなのでしょうか?

ほうれい線は、小鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本のしわのこと。鼻から唇の両端にかけて、八の字のようになっている線がありますよね?それがほうれい線なのです。

ほうれい線は、歳を重ねるごとに出来てくるしわだと考えている人が多いかと思います。実は、ほうれい線が出来るのは歳をとってからじゃないのです。もともと、ほうれい線は赤ちゃんのころからあるもので、若いうちには目立ちません。
ですが、加齢によって肌のハリが失われていき、ほうれい線が深く刻まれ、だんだん目立つようになってきます。このほうれい線が顔にくっきりと出ることによって、実際の年齢よりも老けて見えるのだとか。

ほうれい線の原因

ほうれい線がどうしてできるのでしょうか?
それには、以下の理由が考えられます。

表情筋を使わない
顔には表情を作るための表情筋という筋肉があります。表情筋は皮下脂肪と皮膚の間に挟まれていて、肌のハリを保つ働きも持っているのです。

けれど、この表情筋、実は日常生活では30%しか使われていません。表情筋は使われなくなると、だんだん衰えて肌のたるみやシワを作ってしまいます。

余った皮膚がほうれい線になる
鼻の下には溝があり、これを鼻唇溝といいます。この鼻唇溝は口を動かすために皮膚をためておくところです。

若いときには鼻唇溝がくっきりと現れるのですが、歳をとると溝が薄くなってしまいます。そうすると、加齢で動かなくなった口角下の筋肉の周りが皮膚を引っ張って、鼻唇溝がほうれい線へと移ります。鼻唇溝が消えることによって、ほうれい線が深くなってしまうのです。

ストレス
様々なトラブルを引き起こす美容の敵・ストレス。そんなストレスは、ほうれい線を作る原因として挙げられます。

ストレスは肌にとても悪く、ほうれい線だけじゃなく他の美容や健康にも悪影響を及ぼします。心身のストレスを抱え込まないよう日頃からリラックスすることが大切。

ほうれい線対策

ほうれい線に良いと言われている対策方法をご紹介します。

人差し指と舌でアイロンがけ
ほうれい線を解消するには外側から指でアイロンがけをすると良いそうです。

まず、人差し指で左右のほうれい線を伸ばすように押しながら、舌で口の内側を回します。これを数回続けましょう。次に、舌をほうれい線の位置にして、内側からシワを押し出します。人差し指で、シワを伸ばすようにポンポンと叩きます。
これを左右のほうれい線で行い、数回繰り返します。

唇をつぼめてアヒル口
アヒル口をすることで、ほうれい線の周りの皮膚を元に戻って、鼻唇溝が復活します。

アヒル口は、まず人差し指で上下の唇を挟み、小さくつぼめます。この状態を3秒間キープして5回繰り返します。次に、口をつぼめたまま鼻の下の中心に向かって皮膚を動かして3秒キープ。
これも5回繰り返します。

人差し指で口角上げ
口角の筋肉のバランスを調整して、ほうれい線のシワを解消しましょう。

まず、ほうれい線の上に人差し指を置きます。そのままの状態で口角が上がるように笑って、指で引き上げましょうこれを3秒間キープして10回繰り返す。次に、左手で目の下を押さえて、右手の人差し指で片側の口角を上げます。
左側も同じようにして、それぞれお3秒キープで10回行います。

最後に、もう一度ほうれい線に指を置いてちゃんと口角を上げる筋肉が動くかどうか試してみましょう。左右同じように動くまで口角上げを繰り返してください。

関連商品

ほうれい線対策 | 2011/09/12

お尻のざらつき対策

お尻のざらつきに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
お尻のざらつき対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
このごろお尻の表面がざらついています。
入浴中にお尻を洗おうとすると、手にザラザラした感触が伝わってきて、ぎょっとしてしまいました。ツルツルとした桃のように柔らかいお尻が理想なのに、いまの私のお尻はその真逆。

こんなざらついたお尻なんて、誰にも知られたくな。ボディクリーム使ってマッサージでもしてみようかな?

お尻のざらつきの原因

お尻のざらつきの原因は、一体何なのでしょうか?

原因として考えられることは、お尻が圧迫しているということ。
長時間座ったり、下着やストッキングなどでお尻を圧迫させると角質が厚くなり固くなってしまいます。角質が溜まると、お尻の表面はザラザラになるそうです。

お尻のざらつき対策

お尻のざらつきに良いと言われる対策をご紹介します。

入浴後にボディーローションを塗る
お尻は皮膚が弱いと言われています。お尻のケアには、スクラブ剤ではなくボディローションを使用しましょう。ボディローションをつけるときは、入浴後に塗ってたっぷりと保湿してくださいね。ボディローションがないときは、尿素入りのクリームを代わりに使うと良いそうですよ。

下着やストッキングにも注意
化学繊維が使われた下着やストッキングは肌に刺激を与えやすいです。肌への摩擦を軽減させるために、なるべく天然素材のものに変えましょう。シルクや綿が多く使われているものが最適。

お尻をマッサージ
お尻のざらつきには、マッサージをするのが良いそうです。やり方は、手にマッサージクリームを取って股からお尻を上から下へと数回マッサージするだけ。お尻を持ち上げるようにするのがポイント。このマッサージはお風呂上りに行うとより効果的だそうですよ。

関連商品

お尻のざらつき対策 | 2011/07/18

ささくれ対策

ささくれに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
ささくれ対策についてご紹介します。

編集部の菜々子です。
乾燥する季節には、ささくれに悩まされます。ささくれは見た目がキレイじゃないし、変にヒリヒリした痛みがあってどうしても気になってしまう。特に、「今日はネイルを塗ってオシャレしたいな♪」なんてときには、ささくれほど邪魔なものはありません。

「いっそのこと引っ張ってしまおう!」と力ずくでささくれを剥がすと、これがまた痛いのです。おまけに血も出てきてもっと見た目が最悪に。一体どうすれば、ささくれに悩まされずに済むのかな?

ささくれとは

ささくれとは一体どのようなものなのでしょうか?
ささくれは、爪周辺にある皮膚角質層が剥がれた状態になったもの。簡単に言うと、爪の周りの皮が細かく裂けたり、めくれたりすることです。

ささくれを発見すると、引っ張ってしまいがちですが、無理に引っ張ると雑菌が侵入したり、剥がれてボロボロになってしまいます。正しい対策法を知って、ささくれを早めにお手入れしましょう。

ささくれの原因

ささくれは一体何なのでしょうか?
ささくれの原因には、肌に強い刺激を与えすぎたり、水分やビタミン不足といったことが挙げられます。洗剤や漂白剤に触れすぎたり、水仕事が多くなると皮膚が乾燥して、ささくれになりやすいのだとか。

また、これは女性ならではの原因となりますが、マニキュアや除光液などを使いすぎるのも問題の一つ。マニキュアや除光液は水分や油分を失い、爪を劣化させてしまうそうなのです。

ささくれ対策

ささくれに良いと言われている方法をご紹介します。

ハンドクリームを塗る
ささくれに悩まされたら、ハンドクリームを塗ると良いそうです。
ハンドクリームの保湿成分が手に浸透して肌を守ってくれるので、出来れば毎日塗るように心がけてください。塗る前には、爪きりなどで根元からささくれをカットしておきましょう。

オイルでマッサージ
オイルでマッサージするのも効果的。
1週間に1回でも良いので、水仕事やお風呂の後は爪の周りにオイルを塗ってマッサージしてみましょう。ちなみに、ささくれに最適だと言われているオイルは、オリーブオイルや馬油だそうです。

ビタミンを摂る
ビタミン不足はささくれの原因に。
積極的に野菜や果物を食べていきましょう。特に、ビタミンCやビタミンBなどが大切だそうです。また、ビタミン剤のサプリメントを摂取するのもお手軽で良いかもしれませんね。

関連商品

ささくれ対策 | 2011/03/03

シワ対策

シワに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
シワ対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
この間、久しぶりに大学生の妹と顔を合わせました。久しぶりに会うので楽しみにしていたのですが、妹の若々しさに驚き。20歳の肌はやっぱりぷりぷりでキレイ。つい自分の肌と比べてみて思わずため息をついてしまいました。

今まで何度か妹とケンカしてきたことがあったけれど、肌のキレイさではとても適わない。シワの多さなら私の圧勝なのですが・・・。そういえば、最近鏡を見るたび目じりに小ジワが目立ってきたような。「私はもう歳なのかな?」と考えさせられました。

シワは老化の現れ。年を重ねればシワが出来てくるのは自然な現象です。でも、まだ自分は女性だという気持ちがある以上、シワに妥協なんてしていられませんよね。

シワの原因

シワの原因には一体何があるのでしょうか?
まず、原因として考えられるのは肌の乾燥です。肌が乾燥してしまうと、ひび割れを引き起こします。ひびの間からは水分などの成分が失われていき、シワが出来やすいと言われています。

また、紫外線もシワの原因であると言われています。紫外線を受けると、肌のハリとなるコラーゲンが壊されて皮膚が老化します。だんだんと新陳代謝が衰えてくるとシワになるそうですよ。

シワ対策

シワ対策によいと言われる方法をご紹介していきます。

乳液パックで解消
乾燥しがちな肌には乳液パックがオススメみたいです。
まず、たっぷりと乳液を手に取り顔全体に塗りましょう。このときの乳液はいつも使っている量の2?3倍ぐらい多くすると良いそうです。塗り終わったら蒸しタオルなどで覆って15分ぐらいそのまま置いておきましょう。

乳液はお肌に潤いを与えてくれるので、乾燥肌には有効だと言われています。また、乳液の代わりに保湿クリームを使っても効果があるそうですよ。バスタイムなどのリラックスした時間に、ぜひ実践してみてください。

逆立ちでシワ対策
逆立ちはシワ対策に効果的だということをご存知でしたか?
逆立ちすることにより、普段使わない顔の筋肉が使われるようになってシワに効くみたいです。
また、皮膚が引っ張られることにより、通りにくくなっていた血管が開いて血行が良くなるとも言われています。

逆立ちが出来ないという方は、両足の間に頭を下げるだけでも同じ効果が得られます。顔の皮膚はもちろん、筋肉も引っ張られるので気持ちよく感じられますよ。

マッサージ洗顔
シワに効果的だと言われているマッサージ洗顔をご紹介しますね。
まず、たっぷりと張った水を両手でぶつけるように顔にかけます。最初は4?5回ぐらいで始めて、そのうち回数を重ねていきましょう。水を顔に掛け終わったら、クリームなどで顔全体を軽くマッサージするだけ。

これを朝と夜の1日2回行うようにしてくださいね。毎日続けることによって効果が現れるので、継続させることが大切ですよ。

女性にとってシワは悩ましい問題。いつまでも若々しい自分でいたいものです。さあ、私も頑張ります。

関連商品

シワ対策 | 2011/01/31

唇の荒れ対策

唇の荒れに悩む女性は多いのではないのでしょうか?
唇の荒れ対策の方法をご紹介します。

編集部の菜々子です。
唇の荒れって嫌ですよね。外出する際に必ず持っていくものはリップクリーム。
昔は舌で唇を舐めていたのですが、それは逆に乾燥のもととなるそうで、リップクリームは携帯電話と同じくらい忘れてはいけない物となっています。

特に冬は唇が荒れやすくて大変。何度もリップクリームを塗らないと、唇の潤いが失われます。唇が荒れると、ガサガサして口紅も上手く塗れないし、ひどくなると、唇が切れてしまいます。

プルプルで潤いのある唇は私の憧れ。どうしたらテレビに出ているモデルみたいな唇になれるのかな?

唇の荒れの原因

唇の荒れは一体何が原因なのでしょうか?
唇の荒れには、栄養バランスや水分不足が主な原因だと言われています。
また、胃腸の不良も唇の荒れのもと。唇は食道や胃などに繋がっています。なので、胃腸が悪くなれば、唇にも自然と悪影響が起こるそうです。
荒れた唇をそのまま放置するとますます悪化してしまうので、早めに対策することが大切です。

唇の荒れ対策

唇の荒れによいと言われる方法をご紹介していきます。

唇が乾燥する前にリップクリームを塗る
ますは予防です。リップクリームを持ち歩いて、こまめに塗りましょう。とくに空気が乾燥している部屋の中やお風呂上りは唇が乾燥しやすいです。私は数本のリップクリームを用意して、どこにいてもさっと塗れるようにしています。

唇をラップでパック
料理を保存するときに役立つラップ。
実は、料理だけではなく唇の荒れにも便利なアイテムだということをご存知でしたか?

リップクリームを唇にたっぷりと塗り、少し大きめに切ったラップを乗せます。ラップの上に蒸しタオルを当てて5分ほどしばらく置いておきましょう。ラップと蒸しタオルの効果により、唇にリップクリームの保湿成分が浸透して潤いを保つことが出来ます。

ビタミンB2を摂取
唇に欠かせない栄養素と考えられているビタミンB2。このビタミンB2が不足すると、唇や肌に悪影響を与えると言われています。

なので、唇の荒れにはビタミンB2を摂取するようにすると良いそうです。ビタミンB2を多く含むのは、レバーやうなぎ、卵などが挙げられます。
また、ビタミンB2には新陳代謝にも効果的だと言われているので、唇が荒れていなくても積極的に摂取していきたいですね。

唇には水分と油分を与えることが大切です。冬でもプルプルで潤いのある唇を目指しましょう。

関連商品

唇の荒れ対策 | 2010/12/16